スサノオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スサノヲから転送)
移動先: 案内検索

スサノオスサノヲスサノオノミコト)は、日本神話に登場するである。『日本書紀』では素戔男尊素戔嗚尊等、『古事記』では建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと、たてはやすさのおのみこと)、須佐乃袁尊、『出雲国風土記』では神須佐能袁命(かむすさのおのみこと)、須佐能乎命などと表記する。

神話での記述[編集]

スサノオの系図(『古事記』による)。青は男神、赤は女神

『古事記』の記述によれば、神産みにおいて伊弉諾尊(伊邪那岐命・いざなぎ)が黄泉の国から帰還し、日向の橘の小戸の阿波岐原でを行った際、鼻を濯いだ時に産まれたとする(阿波岐原は江田神社のある宮崎市阿波岐原町に比定される[1])。

『日本書紀』では伊弉諾尊と伊弉冉尊 (伊邪那美命・いざなみ)の間に産まれ天照・月読・蛯児の次に当たる。

統治領域は文献によって異なり、三貴神のうち天照大神は天(高天原)であるが、月読尊は天、滄海原(あおのうなばら)または夜を、素戔嗚尊には夜の食国(よるのおすくに)または海原を治めるように言われたとあり、それぞれ異なる。素戔嗚尊は記述やエピソードが月読尊や蛯児と被る部分がある。

『古事記』によれば、建速須佐之男命はそれを断り、母神伊邪那美のいる根之堅洲国に行きたいと願い、伊邪那岐の怒りを買って追放されてしまう。そこで母の故地、出雲と伯耆の堺近辺の根の国へ向う前に姉の天照大神に別れの挨拶をしようと高天原へ上るが、天照大神は弟が攻め入って来たのではと思い武装して応対し、二柱は疑いをはっきり究明するために誓約(うけひ)を行う。

我の潔白が誓約によって証明されたとして高天原に滞在する建速須佐之男命だったが、居られることになると次々と粗暴を行い、天照大神はかしこみて天の岩屋に隠れてしまった。そのため、彼は高天原を追放された(神逐)。

出雲の鳥髪山(現在の船通山)へ降った建速須佐之男命は、その地を荒らしていた巨大な怪物八岐大蛇(八俣遠呂智)への生贄にされそうになっていた美しい少女櫛名田比売(奇稲田姫・くしなだひめ)と出会う。

建速須佐之男命は、櫛名田比売の姿形を歯の多い櫛に変えて髪に挿し、八俣遠呂智を退治する。そして八俣遠呂智の尾から出てきた草那芸之大刀(くさなぎのたち、紀・草薙剣)を天照御大神に献上し、それが古代天皇の権威たる三種の神器の一つとなる(現在は、愛知県名古屋市の熱田神宮の御神体となっている)。その後、櫛から元に戻した櫛名田比売を妻として、出雲の根之堅洲国にある須賀(すが)の地(中国・山陰地方にある島根県安来市)へ行きそこに留まった。

そこで、

夜久毛多都 伊豆毛夜幣賀岐 都麻碁微爾 夜幣賀岐都久流 曾能夜幣賀岐袁(古事記)
夜句茂多菟 伊弩毛夜覇餓岐 菟磨語昧爾 夜覇餓枳都倶盧 贈廼夜覇餓岐廻(日本書紀)
八雲立つ  出雲八重垣   妻籠に   八重垣作る   その八重垣を
やくもたつ いずもやえがき つまごみに やえがきつくる そのやえがきを(読み:ふりがな)

と詠んだ。これは日本初の和歌とされる。

また、ここから「八雲」は出雲を象徴する言葉ともなった。その地で大国主命などをもうけた(『日本書紀』では大已貴神(おおあなむちのかみ)で『古事記』では大国主命は彼の6代後の子孫としている)。

『日本書紀』における八岐大蛇の記述がある一書第4では、天から追放された素戔嗚尊は、新羅曽尸茂梨(そしもり)に降り、この地吾居ること欲さず「乃興言曰 此地吾不欲居」と言い息子の五十猛神(いそたける)と共に土船で東に渡り出雲国斐伊川上の鳥上の峰へ到った(「遂以埴土作舟 乘之東渡 到出雲國簸川上所在 鳥上之峯」)後、八岐大蛇を退治した。

また続く一書第5では、木がないと子が困るだろうと言い、体毛を抜いて木に変え、種類ごとに用途を定め、息子の五十猛命 、娘の大屋津姫命(おおやつひめ)、枛津姫命(つまつひめ) に命じて全国に植えさせたという。

大国主の神話において根の国の須佐之男命の元にやってきた葦原色許男神(あしはらしこを、後の大国主命)は、須佐之男命の娘である須世理比売(すせりひめ)と互いに一目惚れするが、須佐之男命は葦原色許男神に様々な試練を与える。葦原色許男神は須世理比売の助けを得ながらそれらを克服したので、須佐之男命は葦原色許男神に、須世理比売を妻とすることを認め大国主という名を贈った。

解説[編集]

須佐之男命。歌川国芳

スサノヲは多彩な性格を有している[2]。母の国へ行きたいと言って泣き叫ぶ子供のような一面があるかと思えば、高天原では凶暴な一面を見せる[2]。出雲へ降りると一転して英雄的な性格となる[2]。八岐大蛇退治の英雄譚は優秀な産鉄民を平定した象徴と見る説も根強く、草薙剣の取得はその象徴であるとの解釈も多い[3]

しかし、日本初の和歌を詠んだり[2]、木の用途を定めたりなど文化英雄的な側面もある。これは多数の伝承をまとめて一つの話にしたためとする説もある[4]

神名の「スサ」は、荒れすさぶの意として嵐の神、暴風雨の神とする説や(高天原でのスサノヲの行いは暴風雨の被害を示すとする)、「進む」と同根で勢いのままに事を行うの意とする説[5]、出雲西部の神戸川中流にある須佐(飯石郡須佐郷)に因むとする説(スサノヲは須佐郷の族長を神格化したものとする)[6]、州砂(=砂鉄)の王という説から、たたら製鉄の盛んであった意宇郡(おうのこおり)の首長とする説などがある[要出典]

『記紀』神話においては出雲の神の祖神として書かれているスサノヲであるが、『出雲国風土記』では彼はあまり登場せず、意宇郡安来郷や飯石郡(いいしのこおり)須佐郷などの地名制定や御子神たちの説話が書かれており、八岐大蛇退治の説話は記載されていない。そのため元々は別の地方の神ではないかとする説もある[要出典]

神楽演目:大蛇(おろち)でのスサノオ

出雲国(現:島根県)東部の奥出雲町にはスサノヲが降臨したといわれる鳥髪峰(現:船通山)[7]、それに隣接する安来市は彼が地名をつけたという風土記の記述もある[8]。また、前述の通り八岐大蛇退治は産鉄民の平定を象徴すると見る説があるが、これらの地域はアマテラスへの献上の草那芸の大刀、大国主命への譲渡した生大刀など日本刀の源流とされる神話があり、古代よりたたら製鉄が盛んだった流れから、現在でも島根県安来市には日立金属安来工場や冶金研究所などが日本刀剣美術協会とともにこの地域で古式にのっとったたたら製鋼を行うことでも有名である[要出典]

後に、仏教における祇園精舎の守護神である牛頭天王習合した[2]。これは、どちらも荒神だからであるとする説があるが[2]、他の解釈も多い(牛頭天王を参照)。

オーストリアの民族学者アレクサンダー・スラヴィクは、根之国に追われた後のスサノオが蓑と笠を着て神々に宿を頼んだことを解釈して、蓑と笠は本来神聖な「祭祀的来訪者」が着ることを許されるのであり、スサノオはそのような来訪者として神々に宿を貸すように強制し客人歓待の慣習を要求したのである、と考えている[9]

主祭神としている神社[編集]

旧官国幣社および別表神社[編集]

島根県松江市にある熊野大社では祭神の「伊邪那伎日真名子 加夫呂伎熊野大神 櫛御気野命(いざなぎのひまなこ かぶろぎくまのおおかみ くしみけぬのみこと)」をスサノヲの別名としている[11]和歌山県田辺市にある熊野本宮大社の祭神である家都御子神はスサノヲのことともされる[2](説があるだけで同一視では無い)。また隣の安来市には嘉羅久利神社、都辨志呂神社などにスサノオの社伝が伝わる古社もある。

全国に分布する神社[編集]

祇園信仰津島信仰氷川信仰などに基づくものが多い[2]。これらの神社は、祇園社や天王社を名乗ったものが明治の神仏分離の際に現在の名前になったものが多い。

スサノオを題材にした伝統芸能[編集]

備考[編集]

  • 吉村貞司は『スサノオの悪竜退治 -原神話の回復の試み-』(1977年)において、「大和の高天原神話におけるスサノオ」と高天原神話に吸収される以前の「出雲神話におけるスサノオ」では神としての性格が異なると指摘し、原田大六の説[13]にみられる農業の破壊神、すなわち台風を神格化した性格は「高天原(大和)のスサノオ」であり、原初からスサノオが嵐の神であったという説には否定的な立場をとっている。また、次田真幸も『古事記(上) 全訳注』講談社学術文庫 38刷2001年(1刷1977年) p.94において、「スサノオを暴風雨の神と見る説には従いがたい」として、解説で否定的な立場を記している。
  • 明治時代刊行の『皇国武術英名録』の序には、「剣道(剣術)はスサノオより起こる」として、その起源をヤマタノオロチ退治で天叢雲剣を得た神話に求めている。
  • 三重県津市新家町の物部神社にはスサノオが根の国(黄泉)へと天降る際に同神社のある場所を一夜の宿として使ったとの伝承が存在する。

出典[編集]

  1. ^ 江田神社” (日本語). 宮崎県. 2015年10月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 八百万の神々 - 日本の神霊たちのプロフィール』p.49,51-54,303
  3. ^ ドラゴン』p.62
  4. ^ 神の事典』p.19
  5. ^ 日本文化の古層』p.123
  6. ^ 神道の本 - 八百万の神々がつどう秘教的祭祀の世界』p.66-67
  7. ^ 船通山” (日本語). 鳥取県観光連盟. 2015年10月21日閲覧。
  8. ^ 安来市の概要” (日本語). 安来市. 2015年10月21日閲覧。
  9. ^ 日本文化の古層』p.124
  10. ^ 第十四番 八重垣神社 出雲國神仏霊場公式ホームページ” (日本語). 出雲國神仏霊場. 2011年12月29日閲覧。
  11. ^ メインページ” (日本語). 出雲國一之宮熊野大社. 2011年12月29日閲覧。
  12. ^ 杭全神社 御由緒” (日本語). 杭全神社. 2011年12月29日閲覧。
  13. ^ 原田大六 『実在した神話』 学生社 1966年 pp.211 - 212.

参考文献[編集]

関連項目[編集]