山本節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 節(やまもと たかし、1939年10月20日 - 2011年4月8日)は、神話学者、静岡大学名誉教授。 東京生まれ。東京大学文学部卒業。同大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。愛知教育大学教授、白百合女子大学教授、静岡大学人文学部教授。2002年定年退任、名誉教授。「新しい歴史教科書をつくる会」会員。2008年「異怪と境界 形態・象徴・文化」で名古屋大学文学博士。没後、従四位瑞宝中綬章叙勲。

著書[編集]

  • 神話の森 イザナキ・イザナミから羽衣の天女まで 大修館書店 1989.4
  • 伝承の宇宙 昔話・伝説・噂話にひそむもの 渓水社 1992.5
  • 神話の海 ハリマオ・禅智内供の鼻・消えた新妻 大修館書店 1994.6
  • ハリマオ マレーの虎、六十年後の真実 大修館書店 2002.3
  • 異怪と境界 形態・象徴・文化 岩田書院 2011.4

参考[編集]