玉櫛媛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

玉櫛媛(たまくしひめ)とは、日本書紀では事代主神・古事記では 大物主の妃。神武天皇皇后である媛蹈鞴五十鈴媛命の母。別名:溝咋姫神・三島溝杭姫・三嶋溝樴姫・溝咋玉櫛媛・活玉依姫・勢夜陀多良比売ともいう。[1]

[編集]

玉櫛媛の父である三島溝橛耳(京都下鴨神社にまつる鴨建角身命(かもたけつぬみのみこと)・また、和泉地方に伝わる大陶祇命(おおすえつみのみこと)と同じ。[2]は、もと日向(宮崎県)にいたが、神武天皇東征に先立ち、山城摂津和泉土佐方面に大きな力を持つようになっていた。その財力を用いて原野であった地に水路を作り、水田を開墾し摂津の三島地方を開発していた。神武天皇が東征で紀伊の山中で道に迷ったときは、八咫烏(やたがらす)となって道案内をしたとされる。また和泉地方では陶器製作にも力を入れ、農業や工業の発展に少なからぬ功績をたて、支配地方の基礎を築いたとされる。

神婚[編集]

日本書紀では、「事代主神化爲八尋熊鰐 通三嶋溝樴姫 或云 玉櫛姫 而生兒 姫蹈鞴五十鈴姫命 是爲神日本磐余彦火火出見天皇之后也」とあり事代主神が八尋鰐と化し玉櫛媛のもとに通い、生まれた媛蹈鞴五十鈴媛命が日本磐余彦火火出見天皇(神武天皇)の后となったと記されている。

また、古事記(神武天皇の段)では、「然更求爲大后之美人時、大久米命曰、此間有媛女、是謂神御子、其所以謂神御子者、三嶋湟咋之女、名勢夜陀多良比賣、其容姿麗美故、美和之大物主神見感而、其美人爲大便之時、化丹塗矢自其爲大便之溝流下、突其美人之富登、爾其美人驚而立走伊須須岐伎、乃將來其矢置於床邊、忽成麗壯夫、即娶其美人生子、名謂富登多多良伊須須岐比賣命、亦名謂比賣多多良伊須氣余理比賣、故是以謂神御子也」とあり、神武天皇が御后を探している時、大久米命がここに乙女がいます。この娘は神の子です。なぜ神の子かといえば三島湟咋の娘名前を勢夜陀多良姫といい、とても綺麗であるから、三輪大物主がみそめて、この娘がをする時に、大物主が塗矢に化け厠の溝を流れその娘の富登をつき刺した。娘は驚いて「イススキ」と叫びながら走り去った。その矢を床のそばに置いたら、矢はたちまち立派な男性に変わったので、娘と結婚し子供が生まれました。この子を富登多多良伊須須岐比賣命と名づけたが、また名を比賣多多良伊須氣余理比賣よって神の子です。と言ったと記されている。

子孫[編集]

旧事本紀の記載[3]によると 一男一女を儲けた。

  • 第1子 天日方奇日方命(あめのひかたくしひかたのみこと)別名:櫛甕玉(くしみかたま)、櫛御方命(くしみかたまのみこと)といい、食国政申大夫(おすくにまつりごともうすまえつきみ)に任じられている。古事記では父は、大国主とされていて須佐之男命の六世の孫。子孫に大田田根子〈おおたたねこ〉がいる。
  • 第2子 韛五十鈴姫命(たたらいすずひめのみこと)は、神武天皇の皇后になり、即神渟名河耳天皇(かむぬなかわみみ:綏靖天皇)と彦八井耳命(ひこやいのみこと)のふたりの皇子を産んだ。綏靖天皇は、韛五十鈴姫命の異母姉妹、五十鈴依姫命と結婚し皇子をひとり産んだ。この皇子が磯城津彦玉手看天皇(しきつひこたまてみ:安寧天皇)である。

その他山城国風土記 によると、賀茂別雷命も子供とされている。 また、江戸時代に作られた偽書であるとする説が有力である『ホツマツタヱ』によると、タマナシも子供とされている。[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 井上正雄 (1975-1976), 大阪府全志 巻之三, 大阪府全志, 3 (復刻版 ed.), 清文堂出版, ISBN n.d. 全国書誌番号:73012615
  2. ^ 茨木市観光協会 (n.d.), 溝咋神社と五十鈴媛, http://www.ibaraki-kankou.or.jp/rekisi/06.html 2010年2月28日閲覧。 
  3. ^ 「都味歯八重事代主神 化為八尋熊鰐通三嶋溝杭女活玉依姫。生一男一女。兒天日方奇日方命。此命、橿原朝御代、勅為食國政申大夫供奉。妹韛五十鈴姫命。此命、橿原朝立為皇后誕生二兒。即神渟名河耳天皇。次彦八井耳命是也。次妹五十鈴依姫命。此命葛城高丘朝、立為皇后。誕生一兒。即磯城津彦玉手看天皇也。」
  4. ^ 地の巻27【御祖神 船魂の紋】