溝咋神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
溝咋神社
Mizokui-jinja torii.JPG
一の鳥居
所在地 大阪府茨木市五十鈴町9-21
位置 北緯34度48分46.61秒
東経135度35分19.16秒
座標: 北緯34度48分46.61秒 東経135度35分19.16秒
主祭神 玉櫛媛命
媛蹈鞴五十鈴媛命
社格 式内社(小)
府社
創建 不詳
例祭 5月5日(春祭)
10月14日(秋祭)
テンプレートを表示

溝咋神社(みぞくいじんじゃ)は、大阪府茨木市にある神社式内社で、旧社格府社

祭神[編集]

現在の祭神は以下の6柱[1]

主祭神
相殿神

歴史[編集]

創建[編集]

創建は不詳。社伝では、第10代崇神天皇の頃に創建されたとしている[2]。当社は祭神節にあるように三島溝咋耳一族を祀っており、『古事記』『日本書紀』の諸伝承との関係が指摘される。

『古事記』神武天皇段では、大物主神が勢夜陀多良比売(玉櫛媛)を見染め、丹塗矢に化して比売の陰部を突く。そして比売は驚いたが、その矢を床に置いたところたちまち壮夫となり、比売との間に富登多多良伊須須岐比売命(媛蹈鞴五十鈴媛命)が生まれたという。

『日本書紀』神代巻では、媛蹈鞴五十鈴媛命が大三輪神の子と記すとともに、事代主神が八尋熊鰐となって三島溝樴姫(玉櫛媛)のもとに通い、生まれた媛蹈鞴五十鈴媛命が神武天皇の后になったと記す。『日本書紀』神武天皇即位前庚申年8月16日条にも同様の記載があり、ここでは玉櫛媛は三島溝橛耳(溝咋耳命)の娘と記されている。

これらの文献を踏まえた上で、さらに当社の境内社には大物主神でなく事代主神が祀られていることから、事代主を奉祀する鴨氏と三島勢力との交流が指摘される[3][4]。実際、周辺には三島鴨神社鴨神社といった神社や、鴨村・鴨林といった地名が残り、鴨氏の勢力がうかがわれる[3]。後世になってこの交流が記紀神話に再構成され、出雲系の神が上記の様に強調されたと考えられる[3]。また、三島溝咋耳一族の実態については明らかでなく、三島県主との関係を指摘する説はあるが定かではない[3]。溝は「水」を象徴し、耳は「長」を表すことから、安威川水系の用水に関わる氏族と考えられる[3]

概史[編集]

社伝によれば、当地には平城天皇皇子・阿保親王位田があったという。そして天長年間(824年-834年)の旱魃の際、親王は奏請して鏡を賜り、雨乞いを行なったところ大雨が降ったという[5]。現在も残る神宝の「暁の御鏡」(二神二獣鏡)がその時の鏡だと伝わる。

延長5年(927年)編纂の『延喜式神名帳』には「摂津国島下郡 溝咋神社 鍬靫」の記載があり、式内社に列している。

古くは、東北約500メートルの位置(茨木市学園町)に「上の宮」があって媛蹈鞴五十鈴媛命が祀られており、現在の境内は「下の宮」として玉櫛媛命が祀られていたという[3]。分かれた時期は明らかでないが、室町時代の嘉吉元年(1441年)の古文書には上宮・下宮の地名が見える[3]。下宮が元々の式内社と考えられているが[3]、以後明治42年の合祀まで2宮で祭祀が行なわれていた。志賀剛氏は『式内社の研究』で、上代は上社の溝咋耳命に仕えたのが下社の祭神玉櫛姫であったのが、五十鈴姫が神武天皇の皇后となったので母神の方が有力となり、下社が式内社に昇格したとしている。

社殿は文明9年(1477年)に領主・溝咋兵庫介質信が再建し、文禄年間(1592年-1596年)には長谷川式部少輔之が再建した。現在の社殿は寛保2年(1742年)米屋右衛門・米屋喜兵衛が造営したものである。維新まで、境内には神宮寺として密教山不動院名蓮寺(真言宗高野山派)があった。

明治5年(1872年)、近代社格制度において村社に列し、明治40年(1907年)神饌幣帛料供進社に指定された。明治42年(1909年)、安威川の東、馬場字宮田にあった溝咋上宮神社に祭られていた3座(媛蹈鞴五十鈴媛命・溝咋耳命・天日方奇日方命)を合祀した。また、同年に二階堂字星見の天満神社(菅原道真)、明治43年(1910年)には大字目垣の荒神社(軻遇突知神・中津彦神・中津比賣神)を境内に移転した。

昭和16年(1941年)に府社に昇格した。

境内[編集]

摂末社[編集]

事代主神社

摂社[編集]

  • 事代主神社
    • 祭神:事代主命、軻遇突知神、奥津彦神、奥津比賣神、弥都波能賣神、波邇夜須毘古神、波邇夜須毘賣神
事代主命は玉櫛媛命の夫神である。明治時代に目垣村の祭神が合祀された。

末社[編集]

  • 天照皇大神社 - 祭神:天照皇大神、猿田彦神、応神天皇
  • 保食神社 - 祭神:保食神
  • 手力雄神社 - 祭神:手力雄神
  • 木花開耶姫命社 - 祭神:木花開耶姫神、級長戸辺神、市杵嶋姫命、菅原道真

祭事[編集]

  • 月次祭 (毎月1日)
  • 元旦祭 (1月1日)
  • とんど祭 (1月15日)
  • 節分祭 (2月3日)
  • 稲荷祭 (4月第2日曜)
  • 祖霊祭(了専祭) (4月11日)
  • 荒神祭 (4月第3日曜)
  • 春季例祭 (5月5日)
  • 秋季大祭 (10月14日)
  • 七五三 (11月15日)
  • 鎮火祭 (12月10日)
  • 大祓祭 (12月31日)

古くは、『日本書紀』神代上にある事代主神が三島溝樴姫に通ったという故事に基づき、事代主神を祀る三島鴨神社と同日に神幸を行なっていたという[6]

社宝[編集]

  • 暁の御鏡
社伝に記載される、阿保親王による雨乞いの際の鏡。中国の漢の時代に作られたもので、青銅製二神二獣鏡である[2]

関係地[編集]

溝咋神社上宮跡碑
  • 溝咋神社上宮跡 (茨木市学園町、位置
上の宮の跡地で、石碑が立っている。昭和40年(1965年)4月、浪商学園が跡地に運動場を建設した際に建立された。

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス

脚注[編集]

  1. ^ 祭神は境内紹介(公式サイト)に従って記載。
  2. ^ a b 歴史・社宝(公式サイト)。
  3. ^ a b c d e f g h 『日本の神々』溝咋神社項。
  4. ^ 事代主は出雲の大国主の子として記述されるが、『日本の神々』では、事代主は本来出雲系でなく鴨系だと指摘している。
  5. ^ 『大阪府の地名』溝咋神社項。
  6. ^ 『大阪府の地名』三島鴨神社項。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]