三嶋湟咋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三嶋湟咋(みしまのみぞくい)は、日本神話に登場する

概要[編集]

古事記』での表記は三嶋湟咋、『日本書紀』では三島溝咋三島溝橛耳神と表記される。

古事記では神や命(みこと)といった尊称はないが、国津神とされる[1]

陶津耳命と同一視されることもある。

神武天皇が皇后を求めたところ、大久米命比売多多良伊須気余理比売をお勧めになり、この乙女は大物主神が三嶋湟咋の娘である勢夜陀多良比売との間に生まれた子とした。

古事記での記述[編集]

古事記神武天皇段によれば、神武天皇が大后とする美人を求めた時、大久米命

「此間(ここ)に媛女(おとめ)有り、是神御子と謂う。其を神御子なりと謂(もう)す所以(ゆえ)は、三嶋湟咋の女、名は勢夜陀多良比売、其れ容姿麗美故、美和大物主神、見感でて、其の美人(おとめ)の大便為すの時に、丹塗矢と化(な)りて、其の大便為すの溝の流下より、其の美人のほとを突きたまいき。爾(かれ)其の美人驚きて、立ち走りいすすきき。乃(か)くて其の矢を将来して、床辺に置きしかば、忽ちに麗しき壮夫(おとこ)に成りて、即ち其の美人を娶りて子を生む。名は富登多多良伊須須岐比売命と謂(もう)す。亦の名は比売多多良伊須気余理比売と謂す。故(かれ)是(ここ)を以て神御子とは謂すなり。」

と奏したという。

日本書紀での記述[編集]

『日本書紀』神武天皇段によれば、人(名は不明)が天皇に

事代主神三島溝橛耳神の女玉櫛媛に共して生める児、号を媛蹈鞴五十鈴媛命と曰う。是国色の秀者。」

と奏したという。

研究[編集]

『日本書紀』では、多少の表現の差異はあるが、母親は「三嶋(三島)」の「ミゾクヒ」の娘とされる。「ミゾクヒ」には、「溝樴」「溝樴耳神」「溝杙」などの表記がある。『古事記』では「湟咋(ミゾクヒ)」とあり、このほか「溝杭」(『新撰姓氏録』)、「溝咋(ミゾクヒ)」などの字が当てられることもある。「-耳神」を付す史料があることから、神性をもつ存在として信仰の対象であったことも示唆される。

「三島」という地名は摂津国三島郡(現在の大阪府北部)にあたると考えられている。『延喜式神名帳』(927年成立)には三島鴨神社高槻市三島江)や溝咋神社茨木市)が掲載されており、「ミシマのミゾクヒ」はこのあたりで信仰されていたと推測される[2]、三島氏は古代河内地方の有力豪族だっただろうとしている。

江戸時代の国学者本居宣長は、この「ミゾ(溝)」は水流の上に作られたを指すと解釈し、これが通説となっている。三谷栄一などはこの説を採り、厠は出産儀礼とも関連が強いとする説もある。肥後和男東京教育大学名誉教授)はこれとは違い、「ミゾ」は水田の溝を意味するとした。次田真幸はこの説を発展させ、三島郡は稲作の適地であり「ミシマのミゾクヒ」は農耕神であるとした。

系譜[編集]

大物主神が娶った勢夜陀多良比売の父親であり、孫に比売多多良伊須気余理比売(媛蹈鞴五十鈴媛)がいる。 また書記では伊須気余理比売の妹に五十鈴依媛命がいる。

脚注[編集]

  1. ^ 三輪山の大物主神さま 30項
  2. ^ 溝咋神社では三島溝咋(三島溝杭)を神社の祖とし

関連項目[編集]