葛城国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

葛城国造(かずらきのくにのみやつこ・かずらきこくぞう・かつらぎのくにのみやつこ・かつらぎこくぞう)は大和国南西部を支配した国造。葛木国造とも言う。

概要[編集]

祖先[編集]

剣根命高皇産霊尊の5世孫または天押立命の4世孫という。神武天皇2年に初めて葛城国造とされた。初代倭国造とされる椎根津彦命とともに国造の最も古い例とされる。

氏族[編集]

葛城氏。(かばね)は。天武天皇12年(683年)にに、14年に忌寸に昇格した。5世紀に繁栄した葛城氏武内宿禰の子孫で、姓もで別系統だが、婚姻関係によって同系統化している。

本拠[編集]

大和国葛城地方。葛上郡葛下郡両郡。現在の奈良県御所市大和高田市など。

氏神[編集]

不明。同地域には葛城御県神社葛城坐一言主神社など延喜の制の名神大社・大社が連立。

子孫[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]