神代巻口訣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神代巻口訣』(じんだいかんくけつ / じんだいのまきくけつ)は、『日本書紀』神代紀の注釈書。忌部正通著、全5巻。単に『神代口訣』とも称される。正通による『日本書紀』の注釈書『日本書紀口訣』全12巻の中から神代紀の注釈を抜き出したもので、神代紀の上巻を6節、下巻を3節に、内容によって9節に分けているところに特色がある。成立は、正平22年(貞治6年(1367年))とされているが、近世の偽作という説もある。

漢籍仏典を用い、特に宋学性即理説の影響が著しく、「明理」を尊ぶことによる日本の永遠性を述べ、天御中主神高皇産霊尊神皇産霊尊造化三神国常立尊1神に帰一すると説く点に特色がある。

刊本[編集]

  • 『日本書紀註釈(中)』(神道大系古典註釈編3)、神道大系編纂会、昭和60年(1985年)

参考文献[編集]