火須勢理命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

火須勢理命(ほすせりのみこと)は、日本神話に登場する[1]

概要[編集]

古事記』では火須勢理命(ほすせりのみこと)、『日本書紀』では火闌降命(ほすそりのみこと。本文・第八の一書)または火酢芹命(ほすせりのみこと。第二・第三・第六の一書)と表記される。『日本書紀』によれば隼人の祖である。『古事記』では火闌降命の事績は火照命という名で記載され、火須勢理命は事績を持たない別人となっている。

また、第二・第六の一書では、火酢芹命が長子としている。

火須勢理命は、瓊々杵尊木花開耶姫の子である[2]天孫降臨の段において、一夜で身蘢ったために瓊々杵尊に国津神の子ではないかと疑われ、木花開耶姫がその疑いを晴らすために火中で生んだ三神の第二子であり[2]、火が盛んに燃え立つときに生まれたので「ホスセリ」と名附けられた。兄が火照命、弟が火遠理命である[2]

神名[編集]

「ホ」は「火」で、「スセリ」は「進む」という意味で、「ホスセリ」は「燃焼が進む」という意味となる。

出典[編集]

  1. ^ 山北篤 『東洋神名事典』 新紀元社、450頁。
  2. ^ a b c 『古事記の本』 学研、113頁。

関連項目[編集]