神幸祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
杉森八幡社祭礼

神幸祭(しんこうさい)は、神霊の御幸[注釈 1](ぎょこう、みゆき)が行われる神社祭礼神幸式(しんこうしき)とも言う。多くの場合、神霊が宿った神体依り代などを神輿に移して、氏子地域内に御幸したり、御旅所元宮に渡御したりする。神輿や鳳輦の登場する祭礼のほとんどは、神幸祭の一種といえる。

神幸祭は「神の御幸」の意味で、広義には御幸の全体を、狭義には神社から御旅所などの目的地までの往路の過程を指す。後者の場合は目的地から神社までの復路の過程に還幸祭(かんこうさい)という言葉を用いる。神幸祭・還幸祭と同じ意味の言葉に渡御祭(とぎょさい)・還御祭(かんぎょさい)という言葉もあり、渡御祭も広義には御幸(渡御)の全体を指す。

概要[編集]

神幸祭の一般的な意義は産土神が氏子の土地を巡る事で神威を示し、神と氏子が親しく交歓する機会にある[2]神事が混交している場合もあるが、神幸祭の形式は神の出自や性格によって次の3つに大別できる[2]

ミアレ型
神が坐す・神が降りる御生(ミアレ)の地から、神威の再生のために神を社に迎える形式。例として葵祭が挙げられる。
ミソギ型
怨霊・疫神などの祟り神を水辺や海の禊ぎ場に送り、氏子や神具とともに禊祓する形式。祇園祭の本来の姿である御霊会は禊ぎのための神幸である。今日では少なくなった形式だが宇出津町あばれ祭りなどに見られる。
オイデ型
氏地内に御旅所を設け、神との交歓のために御出(オイデ)を乞う形式。松尾大社の松尾祭などが例として挙げられるが、産土神の神幸祭は一般的にオイデ型である。

ギズム型 三陸町綾里吉浜に見られる、神輿渡御の際に、見られる現象。神輿が不可思議な動きをする事をギズム神輿と言います。また、これが起きれば、塩蒔き権現様が静めようとする。またこの現象は、神の意志による、考え。(綾里地区の人の話)吉浜の根白地区の総鎮守、市杵嶋姫神社は、荒神輿であります。 また、三陸町吉浜では、御神輿暴れると言います。各神社の神輿には、鈴が糸に4個(前後ろ会わせて)付いており、巡航の際「ジャラジャラ」と音を立てて激しく回る。 [2]

本来は、神霊を集落内の祭壇に迎えたものが、祭壇が神社に発展すると、迎える行為が逆の意味の「里帰り」として残り、神幸祭になったと言われている。このため、磐座などの降臨の地が御旅所となり、現在では元宮や元の鎮座地である場合が多い[2]

御旅所に向う神幸祭の流れは、

  1. 神輿などに神霊を移す神事
  2. 神社から御旅所への渡御
  3. 御旅所での神事や奉納(御旅所祭)
  4. 御旅所から神社への還御
  5. 神霊を還す神事

であり、数日間に及ぶ場合もある。2や4の過程で、氏子地域内を巡幸する場合が多い。御旅所などに向わない場合には、神霊が氏子地域を見回る、或いは、ある場所で神事などを行うために御幸される。

神輿を巡幸のために神社の境内から出すことを宮出し(みやだし)、巡幸を終えた神輿が境内に戻ることを宮入り(みやいり)という。この語は、稚児氏子から奉納される山車などが神社から出る・入る場合にも用いられる。

渡御行列[編集]

先導役の猿田彦
面掛行列御霊神社

渡御は多くの氏子が祭礼に関わることの出来る場面の一つで、神輿の担ぎ手になったり、祭礼の規模の大きなところでは山車獅子舞舞踊などを繰り出し行列になる。渡御行列の順序は祭礼によってまちまちであるが、行列の先頭部には先導役の猿田彦がいることが多く、その次に御幣、笠鉾、獅子、、高張り提灯太鼓などの露払いの役目を持つものや先頭を示すものがあって、神輿がくることが多い[2]。このほかには、神職巫女稚児、山車、獅子、舞踏などが行列に含まれる。渡御の道中は音楽的にも多様で、神職による雅楽、氏子による祭囃子音頭などが奏でられることが多い。また、行列の際には、三陸町綾里、同三陸町吉浜では、御神輿が、急に、不可解な動きをする事をギジム神輿と言う。三陸町吉浜根白地区の総鎮守は、荒神輿と言われている。また、ギジムの際になれば、権現様塩祓いがその動きを懸命に静めようとする。また、前や、後ろに御神輿が行ったりすることをギズム神輿(なお、これは神の意志による、考えのよう。)また、巡航の際、不可思議な動きをする事があり、これはギズム神輿と呼ばれている。●また、神輿の担ぎ手は毎年16人を出し、いない場合その人の親戚から出す。また、綾里地区では、陸尺と呼ばれている。

行列には、神輿や山車、獅子舞や舞踏がみられる。神輿は祭礼ごとに運行が異なり、厳かに運行されるもの、威勢良く担がれるもの、船での渡御(船渡御)や水中で担がれるものなどがある。これらの形態は、祭神に因むほか、突発的に行われた形態が慣例になった場合もある。山車には神輿に近い依り代の役割を持ったものと奉納の風流があり、獅子舞や舞踏にも神事舞と奉納舞があるが、どちらも氏子が中心に運行し、特に奉納の場合は氏子各町が華やかさや形態に趣向を凝らし、競い合うことが多い。また、大船渡町、大船渡市盛町、同市猪川町、同市立根町、同市日頃市町、同市綾里、同市吉浜などでは手踊りが神輿の前で奉納する。(婦人、子供たちによる) なお、これには、囃子屋台が付き、各地区嗜好を凝らしている。また、三陸町吉浜では、トラックの荷台に人を乗せ、太鼓を叩く、荷台山車が出る。(現在は、安全上の理由から道中はない。)これには嗜好を凝らした「絵」と言うものを飾り付ける。また、釜石市は、吉浜と同じようにトラックの荷台に人を乗せた荷台山車が出る。音響を付いて、(前2個、後ろ2個)も付き、一大イベントとなる。また、盛町では館山車 が出る。(木町と下町と吉野町)盛の七夕囃子を使う。演目は、源平合戦や、那須与一、川中島の戦い、大阪夏の陣仕掛けとしては、が上がったり、下がる仕掛けがある。 (これは電線がある明治に考えたものか?)

夜間の渡御では、提灯行列が加わったり、山車に明りが灯されるなどする。

出典[編集]

  1. ^ 『世界大百科事典 第2版』「神幸祭」 (平凡社)
  2. ^ a b c d e 森田 2015, pp. 41–51.

注釈[編集]

  1. ^ 御幸とは貴人の外出が幸せをもたらすと信じられたことに基づく言葉で、天皇の御幸を行幸(ぎょうこう)と言い、神の臨行は神幸と言う[1]

参考文献[編集]

  • 森田玲『日本の祭と神賑』創元社、2015年。ISBN 9784422230351