宇出津町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇出津町
廃止日 1955年3月25日
廃止理由 新設合併
三波村小木町宇出津町神野村能都町
現在の自治体 能登町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 石川県
鳳至郡
総人口 7,883
(1955年)
隣接自治体 石川県:鳳至郡柳田村、三波村、小木町、神野村
宇出津町役場
所在地 石川県鳳至郡宇出津町字宇出津新
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

宇出津町(うしつまち)は、石川県鳳至郡に存在した町。

現在の鳳珠郡能登町に属する地域であり、能登町が発足する前は鳳至郡能都町に属していた。なお、本項では現在の能登町宇出津地区についても詳述する。

概要[編集]

  • 能登半島のいわゆる「内浦地区」に位置する漁港の町で、古くから内浦地区の行政・経済の中心として発展してきた町である。なお、「宇出津」の由来は諸説あるが、明確なものはない。
  • 2005年平成17年)3月1日に鳳至郡能都町・柳田村珠洲郡内浦町が合併して能登町となる。同時に、所属郡が鳳珠郡となり、鳳至郡および珠洲郡は廃止された。

歴史[編集]

沿革[編集]

行政[編集]

町長[編集]

歴代町長
氏名 就任 退任 備考
1 1 冨田重作 1889年(明治22年)5月18日 1893年(明治26年)5月17日
2 1893年(明治26年)5月20日 1897年(明治30年)5月19日
3 1897年(明治30年)6月22日 1901年(明治34年)6月21日
4 1901年(明治34年)6月?日 1905年(明治38年)6月20日
5 1905年(明治38年)6月26日 1909年(明治42年)6月25日
6 1909年(明治42年)6月?日 1913年(大正2年)7月6日
6 2 喜多実 1914年(大正3年)2月12日 1918年(大正7年)7月2日
7 3 井東孝作 1918年(大正7年)8月9日 1922年(大正11年)8月8日
8 4 大杉律太郎 1922年(大正11年)11月9日 1926年(大正15年)11月8日
9 1926年(大正15年)11月8日 1929年(昭和4年)6月?日
10 5 数馬嘉一郎 1929年(昭和4年)6月18日 1933年(昭和8年)6月17日
11 6 宅崎芳太郎 1933年(昭和8年)6月24日 1936年(昭和11年)6月11日
12 7 数馬伊平 1936年(昭和11年)6月15日 1940年(昭和15年)6月14日
13 1940年(昭和15年)6月14日 1944年(昭和19年)6月13日
14 1944年(昭和19年)6月29日 1946年(昭和21年)10月11日
15 8 藤波久太郎 1947年(昭和22年)4月6日 1947年(昭和22年)7月29日
16 9 内田金太郎 1947年(昭和22年)9月8日 1950年(昭和25年)1月23日
17 10 川端時太郎 1950年(昭和25年)3月13日 1954年(昭和29年)3月12日
18 数馬伊平 1954年(昭和29年)3月13日 1955年(昭和30年)3月24日

能登町宇出津[編集]

町域[編集]

  • 宇出津
  • 宇出津港
  • 宇出津山分
  • 宇出津新
  • 崎山

周辺施設[編集]

行政

教育

医療

  • 公立宇出津総合病院

経済

その他

交通[編集]

鉄道(廃線)

バス

道路

祭事[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]