樺太神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
樺太神社
Karafuto Shrine.JPG
所在地 樺太豊原市旭ヶ丘
位置 北緯46度57分26.6秒
東経142度45分38秒
座標: 北緯46度57分26.6秒 東経142度45分38秒
主祭神 大国魂神
大己貴神
少彦名命
社格 官幣大社
創建 明治44年(1911年
例祭 8月23日
地図
樺太神社の位置(ロシア内)
樺太神社
樺太神社
テンプレートを表示
コンクリート製の宝物殿風建造物

樺太神社(からふとじんじゃ)は、樺太豊原市にあった神社である。社格官幣大社明治43年列社)[1]。樺太の総鎮守・総氏神とされた。

祭神は大国魂神大己貴神少彦名命[1]の「開拓三神」であった。

日露戦争の結果、樺太南半が日本領有となり、その鎮護のため、国土経営に神功のある上記開拓三神が奉祀せられたにより、1911年8月22日鎮座祭がおこなわれ、8月23日に鎮座・創建された[2]。8月23日は樺太の施政記念日である。1945年昭和20年)、樺太のソ連軍による占領に伴い放棄され、11月17日に廃止される[3]

殿舎は本殿のほか瑞籬、拝殿、祝詞舎、社務所、鳥居等を具備していた。1913年度例祭のときからはじめて豊原神社境内にある頓宮に神輿渡御の儀をおこなった。

現在、本殿跡地は(後から建てられた洋風迎賓館を除き)空き地となっているが、日露友好の証しとして校倉蔵を模したコンクリート製の宝物殿風建造物が建てられて、室内にはロシア語が記述された金属製記念プレートが飾られている。南西方向へ約300m離れた地点(現ユジノサハリンスク市立病院裏)に樺太護国神社招魂社)があったが、社殿の基礎部分が残っている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]