小国神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小國神社
遠江国一之宮小国神社
境内
所在地 静岡県周智郡森町一宮3956-1
位置 北緯34度50分51秒
東経137度53分57秒
座標: 北緯34度50分51秒 東経137度53分57秒
主祭神 大己貴命
社格 式内社(小)
遠江国一宮
国幣小社
別表神社
創建 (伝)欽明天皇16年(555年?)
本殿の様式 大社造
例祭 4月18日
主な神事 小國神社の田遊び
小国神社の舞楽
テンプレートを表示
拝殿正面

小國神社(おくにじんじゃ、おぐに-)は、静岡県周智郡森町にある神社。神紋は「右三つ巴」である。式内社遠江国一宮旧社格国幣小社で、現在は神社本庁別表神社

概要[編集]

本宮山の南側の山麓に鎮座する。「小国」という社名は、出雲の「大国」に対する遠江の美称であるとしている。

境内は秋には紅葉の名所として有名である。

読み[編集]

正式には「おにじんじゃ」(國が濁らない)とされる。しかし、地元住民など「おにじんじゃ」と、國の発音が濁る人が大半であることも事実。公式ホームページには、全てのページの上部にふりがなと、ローマ字表記が併記されたバナーが付けられている。

祭神[編集]

歴史[編集]

創建時期は不明だが、社伝によれば、欽明天皇16年(555年?)2月18日、現在地より6kmほど離れた本宮山に神霊が示現したので、勅命によりそこに社殿が造営されたのに始まる。なお、このときに正一位神階が授けられたと社伝にはあるが、国史での当社の初見である『続日本後紀承和7年(840年)6月14日条では「遠江国周智郡の無位の小国天神(中略)に従五位下を授け奉る」と記されている。六国史終了時の神階は従四位上である。

延喜式神名帳』では小社に列している。皇族や武将の信仰が篤く、遠江国一宮として崇敬を受けた。当社を一宮として記載する史料の最初は、1235年の「当国鎮守小国一宮」という記述である。江戸時代には「一宮神社」と称していた。

中世以降、朝廷の衰退により勅使が廃れたが、室町時代、戦国時代を通じて祭祀が途断えることはなかった。元亀3年(1572年)、甲斐の武田信玄が遠江に侵攻した際、当社神職は徳川家康に味方した。天正3年(1575年)、徳川家康が社殿を再建し、江戸時代に入ってからも歴代の将軍が社殿の造営や営繕、社領の寄進を行っている。

明治5年(1873年)に県社に列格し、翌明治6年(1874年)には国幣小社に昇格した。

摂末社[編集]

  • 奥磐戸神社
  • 並宮
  • 八王子社
  • 宗像社
  • 飯王子社
  • 塩井神社
  • 瀧宮
  • 愛宕社
  • 白山社
  • 全國一宮等合殿社 - 全国一宮等の祭神73柱を祀る。かつては73柱を祀る境内社が境内各地にあったが、明治初年の本社焼失に伴い、明治15年からは境内末社八王子社に合祀されていた。平成元年に独立の境内社として再建された。
  • 鉾執社

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス

関連図書[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]