與止日女神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
與止日女神社
Yodohime-jinja 01.jpg
境内
所在地 佐賀県佐賀市大和町大字川上1
位置 北緯33度19分34.72秒
東経130度16分6.02秒
座標: 北緯33度19分34.72秒 東経130度16分6.02秒
主祭神 與止日女命
社格 式内社(小)
肥前国一宮
県社
創建 欽明天皇25年(564年?)
本殿の様式 五間社流造
別名 河上神社、淀姫さん
例祭 4月18日12月18日
主な神事 秋祭(おくんち、10月10日
地図
與止日女神社の位置(佐賀県内)
與止日女神社
與止日女神社
テンプレートを表示
境内と嘉瀬川
三の鳥居(市指定文化財)
肥前鳥居。

與止日女神社(よどひめじんじゃ、与止日女神社)は、佐賀県佐賀市にある神社式内社肥前国一宮で、旧社格県社

「淀姫神社」とも書き、別称として「河上神社」、通称として「淀姫さん」とも呼ばれている。

祭神[編集]

  • 與止日女命 (よどひめのみこと)
    神功皇后の妹という。また一説に、豊玉姫であるとも伝える[1]
    肥前国風土記』逸文(神名帳頭注)には、「與止姫神」のまたの名を「豊姫」「淀姫」というとある。また、同書佐嘉郡条には「世田姫」の説話が載り、同一神と見られている[2]

佐賀県を中心とする北九州地方には、與止日女神(淀姫神)を祀る神社が多数あり、そのうち当社を含めた6社が嘉瀬川流域にある。

歴史[編集]

創建[編集]

肥前国風土記』逸文(神名帳頭注)によれば、欽明天皇25年(564年?)11月1日に與止姫の神が鎮座したという。

同書に収録された川にまつわる説話から、水神信仰として成立したものと見られている[3]

概史[編集]

延長5年(927年)の『延喜式神名帳では肥前国佐嘉郡に「與止日女神社」と記載され、式内社に列した。弘長元年(1260年)に最高位の正一位の神階を授けられた。

平安時代には、肥前国では田島坐神社(現 田島神社)が安全航海の神として崇敬され、神階も当社より上で『神名帳』では肥前国唯一の大社に列していた。しかしながら遣唐使の廃止もあってその地位は低下し、代わって中世以降は国衙に近い当社の地位が高まり、肥前国一宮として崇敬されたという[2]。ただし、後述のように千栗八幡宮も一宮を称している。

弘安の役1281年)では與止日女大神の神霊が敵の船を摧いたと伝えられる。

慶長7年(1602年)に後陽成天皇が「大日本国鎮西肥前州大一之鎮守宗廟河上山正一位淀姫大明神一宮」と書いた勅額を下した。すなわち当社が肥前国一宮であるとするものであるが、千栗八幡宮も肥前国一宮とされていたことから、両社の間で60年にわたる紛争が起こった。

明治4年(1871年)には近代社格制度において県社に列した。国幣社への昇格も進められていたが、第二次世界大戦の終結により実現しなかった。

神階[編集]

  • 六国史
    • 貞観2年(860年)2月8日、従五位下から従五位上 (『日本三代実録』) - 表記は「予等比咩天神」。
    • 貞観15年(873年)9月16日、正五位下 (『日本三代実録』) - 表記は「予等比咩神」。
  • 弘長元年(1260年)、正一位

境内[編集]

境内は嘉瀬川そばの右岸に位置する。西門は元亀4年(1573年)造営で県の重要文化財に、三の鳥居は慶長13年(1608年)造営の肥前鳥居で市の重要文化財に指定されている。一の鳥居は立石交差点付近に立つ(位置)。

祭事[編集]

  • 春祭 (4月18日)
  • 秋祭 (10月10日)
  • 新嘗祭 (12月18日)

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 河上神社文書14巻(247通)
平安時代10通、鎌倉時代92通、南北朝時代85通、室町時代57通、安土桃山時代3通。佐賀県立図書館に寄託。昭和55年6月6日指定。

佐賀県指定重要文化財[編集]

  • 西門 - 昭和61年3月19日指定。

佐賀市指定重要文化財[編集]

  • 三の鳥居 - 昭和58年10月17日指定。

門前菓子[編集]

  • 白玉饅頭 - 神社に伝わる伝説に由来する。

現地情報[編集]

所在地

交通アクセス

周辺

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 祭神は神社由緒書による。
  2. ^ a b 『佐賀県の地名』河上神社項。
  3. ^ 『日本の神々』与止日女神社項

参考文献[編集]

  • 神社由緒書
  • 『日本歴史地名体系 佐賀県の地名』(平凡社)佐賀郡 河上神社項
  • 杉谷昭「与止日女神社」(谷川健一 編『日本の神々 -神社と聖地- 1 九州』(白水社))

関連項目[編集]

外部リンク[編集]