都波岐神社・奈加等神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
都波岐神社・奈加等神社
Tsubaki-jinja Shaden1.jpg
社殿
所在地 三重県鈴鹿市一ノ宮町1181
位置 北緯34度54分04.5秒
東経136度36分04.5秒
座標: 北緯34度54分04.5秒 東経136度36分04.5秒
主祭神 都波岐神社:猿田彦大神
奈加等神社:天椹野命、中筒之男命
社格 式内社(小2社)
伊勢国一宮
県社
創建 (伝)雄略天皇23年
例祭 10月10日
テンプレートを表示

地理院地図 Googleマップ 都波岐神社・奈加等神社

鳥居

都波岐神社・奈加等神社(つばきじんじゃ・なかとじんじゃ)は、三重県鈴鹿市にある神社。両社とも式内社で、旧社格県社。都波岐神社は伊勢国一宮とされる。

明治時代に都波岐神社と奈加等神社を合併したもので、都波岐奈加等神社とも称される。

祭神[編集]

都波岐神社
奈加等神社
  • 天椹野命 (あまのくののみこと) - 中跡直(なかとのあたい)の先祖
  • 中筒之男命 (なかつつおのみこと)

歴史[編集]

社伝によれば、雄略天皇23年、により造高雄束命[1]伊勢国河曲郡中跡村(現在地)に社殿を2つ造営し、それぞれ都波岐神社・奈加等神社と称したのが起源とされる。『延喜式神名帳』では両社とも小社に列した。天長年間に弘法大師が参籠し、獅子頭2つを奉納した。承暦3年(1079年)、2社に対して正一位神階が授けられ、白河天皇より宸筆勅額が授けられた。永禄年間、織田信長の伊勢平定の際に社殿を焼失し、旧記も失われた。寛永年間、神戸城主一柳監物が再建した。

明治時代に両社をあわせて「都波岐神社奈加等神社」として県社に列格。現在は2社の祭神が1つの社殿に相殿として祀られる。

主な祭事[編集]

所在地[編集]

交通アクセス[編集]

路線バス

自家用車

脚注[編集]

  1. ^ 猿田彦の八世の孫とされる。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

猿田彦大神を祀る神社