厳原八幡宮神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
八幡宮神社
拝殿
拝殿
所在地 長崎県対馬市厳原町中村字清水山645-1
位置 北緯34度12分23.4秒 東経129度17分21.3秒 / 北緯34.206500度 東経129.289250度 / 34.206500; 129.289250 (厳原八幡宮神社)座標: 北緯34度12分23.4秒 東経129度17分21.3秒 / 北緯34.206500度 東経129.289250度 / 34.206500; 129.289250 (厳原八幡宮神社)
主祭神 応神天皇
神功皇后
仲哀天皇
姫大神
武内宿禰
社格 式内社名神大論社
対馬国一宮論社
県社
創建 (伝)天武天皇6年(677年
本殿の様式 流造
別名 厳原八幡宮神社
例祭 旧暦8月15日
主な神事 神幸式
放生会
地図
厳原八幡宮神社の位置(長崎県内)
厳原八幡宮神社
厳原八幡宮神社
厳原八幡宮神社 (長崎県)
テンプレートを表示
左に清水山、右下に境内

厳原八幡宮神社(いづはらはちまんぐうじんじゃ)は、長崎県対馬市厳原町中村にある神社式内社名神大社論社対馬国一宮論社で、旧社格県社

正式な社名は「八幡宮神社」で、単に「厳原八幡宮」とも称される。

祭神[編集]

歴史[編集]

社伝によれば、神功皇后三韓征伐からの帰途、対馬の清水山に行啓し、この山は神霊が宿る山であるとして山頂に磐境を設け、神鏡と幣帛を置いて天神地祇を祀ったという。677年天武天皇6年)[1]、天武天皇の命により清水山の麓に社殿を造営して八幡神を祀ったのに始まると伝える。 1476年文明8年)の棟札写に「それ当社はすなわち州の男山の原廟にして万世鎮国の霊神なり」とあり、八幡信仰の中心である石清水八幡宮の起源ともいわれている[1]

対馬には上県郡下県郡に八幡宮があり、上県郡のものを上津八幡宮(現 海神神社)、下県郡の当社を下津八幡宮と並び称した。戦国時代ごろから府中八幡宮と称されるようになった。

1871年明治4年)、当社が式内名神大社「和多都美神社」に比定されて和多都美神社に改称し、また対馬国一宮であるとしたが、1890年(明治23年)に元の八幡宮に戻して地名から「厳原八幡宮神社」とし、現在は式内社・対馬国一宮と称していない[2]。明治7年に郷社に列せられ、1916年大正5年)に県社に昇格した。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 黒田智『なぜ対馬は円く描かれたのか』朝日新聞出版〈朝日選書〉2009年、ISBN 9784022599605 pp.56-57.
  2. ^ 式内名神大社「和多都美神社」の論社として乙和多都美神社(厳原町久和)も挙げられているが、こちらも現在は式内社を称していない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 和多都美神社 - 國學院大學21世紀COEプログラム「神道・神社史料集成」