枚岡神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
枚岡神社
Hiraoka-jinja sando.jpg
鳥居
所在地 大阪府東大阪市出雲井町7番16号
位置 北緯34度40分12秒
東経135度39分02.5秒
座標: 北緯34度40分12秒 東経135度39分02.5秒
主祭神 天児屋根命
比売御神
経津主命
武甕槌命
社格 式内社名神大4座)
河内国一宮
官幣大社
別表神社
創建 (伝)初代神武天皇即位前3年
本殿の様式 春日造4棟
別名 元春日
札所等 神仏霊場巡拝の道60番(大阪19番)
例祭 2月1日
主な神事 粥占神事
地図
枚岡神社の位置(大阪府内)
枚岡神社
枚岡神社
テンプレートを表示

枚岡神社(ひらおかじんじゃ)は、大阪府東大阪市出雲井町にある神社式内社名神大社)、河内国一宮旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社神紋は「下がり藤」。

春日大社への勧請元のため、「元春日」の別称がある。

概要[編集]

枚岡梅林はかおり風景100選の一つとされる。鳥居から坂を上り、46段ほどの階段を登ると拝殿に着く。嘉永6年(1853年)に駅前に建てられた社名標には「元春日平岡大社」とあり「平岡」の表記や大社号が使われていたとわかる。

一の鳥居は神社からは線路の向こう側となる枚岡駅の西側にある。駅から少し登ったところに二の鳥居がある。二の鳥居脇の社名標は明治40年(1907年)に日露戦争戦勝を記念したもので、三条実美の書物から字を拾った。

祭神[編集]

現在の祭神は次の4柱[1]。本殿4棟(第一・第二・第三・第四殿)に各1柱が祀られる。

天児屋根大神・比売大神が本来の祭神で、当社から春日大社に勧請されたので「元春日社」とされる。後に春日大社から武甕槌大神・斎主大神を勧請し、同社と同じ神(春日神)を祀った。

歴史[編集]

概史[編集]

史実としての創建時期はあきらかでないが、社伝によれば、初代神武天皇即位前3年、神武天皇の侍臣で中臣氏の祖の天種子命(あめのたねこのみこと)が、天皇の命で神津岳の頂に祖神の天児屋根神を祀ったのが創建とされる。「平岡(枚岡)」の社名は神津岳の頂が平らだったのによる。中臣氏の支流の平岡連(ひらおかのむらじ)の氏神とされた。白雉2年(650年)、平岡連によって山頂から中腹の現在地に移された。山頂には現在も奥宮がある。

神護景雲2年(768年)には奈良の春日大社に祭神二柱を分祀し、宝亀9年(778年)には春日大社から武甕槌命と斎主命の二神の分霊を奉斎したという。

延長5年(927年)成立の『延喜式神名帳では河内国河内郡に「枚岡神社四座 並名神大 月次相嘗新嘗」と記載され、4座が名神大社に列するとともに、朝廷の月次祭相嘗祭新嘗祭では幣帛に預かる旨が記されている。

明治維新後、明治4年(1871年)に近代社格制度において官幣大社に列した。

神階[編集]

  • 天児屋根命に対する神階奉叙の記録
    • 承和3年(836年)5月9日、従三位勲三等から正三位勲三等 (『続日本後紀』) - 表記は「天児屋根命」。
    • 承和6年(839年)10月29日、正三位勲二等ママから従二位勲二等ママ (『続日本後紀』) - 表記は「天児屋根命」。
    • 承和10年(843年)6月8日、従二位勲三等 (『続日本後紀』) - 表記は「平岡大神社」。
    • 斉衡3年(856年)10月19日、従一位 (『日本文徳天皇実録』) - 表記は「平岡神」。
    • 天安3年(859年)1月27日、従一位勲三等から正一位勲三等 (『日本三代実録』) - 表記は「枚岡天児屋根命」。
  • 比売神に対する神階奉叙の記録
    • 承和3年(836年)5月9日、従四位下から従四位上(『続日本後紀』) - 表記は「比売神」。
    • 承和6年(839年)10月29日、従四位上から正四位下 (『続日本後紀』) - 表記は「比売神」。
    • 天安3年(859年)1月27日、正四位上勲六等から従三位勲六等 (『日本三代実録』) - 表記は「枚岡比咩神」。

境内[編集]

主な祭事[編集]

文化財[編集]

大阪府指定文化財[編集]

  • 無形民俗文化財[2]
    • 枚岡神社の粥占神事(附 平岡神社御粥引付日記1巻) - 昭和53年8月4日指定。

東大阪市指定文化財[編集]

  • 有形文化財[2]
    • 本殿 4棟(建造物) - 江戸時代、文政9年(1826年)の造営。昭和49年3月25日指定。平成7年5月11日に本殿銅製釣燈篭8基を追加指定。
    • 枚岡神社銅製擬宝珠(工芸品) - 江戸時代の作。昭和49年3月25日指定。
    • 枚岡神社銅製釣燈籠(工芸品) - 江戸時代の作。昭和49年3月25日指定。
    • 絹本著色枚岡神社絵図(絵画) - 江戸時代の作。昭和49年3月25日指定。
  • 無形民俗文化財[2]
    • 枚岡神社注連縄掛神事 - 昭和49年3月25日指定。
  • 名勝[2]
    • 枚岡梅林 - 昭和49年3月25日指定。

現地情報[編集]

所在地

交通アクセス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 御由緒(枚岡神社ホームページ)。
  2. ^ a b c d 大阪府内指定文化財一覧表(大阪府ホームページ)の東大阪市ファイルより。

関連図書[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]