白鬚神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白鬚神社
Shirahige-jinja (Takashima) keidai.JPG
境内(左から若宮神社・本殿・拝殿・絵馬殿)
所在地 滋賀県高島市鵜川215
位置 北緯35度16分28.25秒 東経136度0分39.92秒 / 北緯35.2745139度 東経136.0110889度 / 35.2745139; 136.0110889 (白鬚神社)座標: 北緯35度16分28.25秒 東経136度0分39.92秒 / 北緯35.2745139度 東経136.0110889度 / 35.2745139; 136.0110889 (白鬚神社)
主祭神 猿田彦命
社格 国史見在社
県社
創建 伝・第11代垂仁天皇25年
本殿の様式 入母屋造
別名 白鬚大明神・比良明神
例祭 5月3日(白鬚祭)
9月5日6日(秋季大祭)
テンプレートを表示
湖中大鳥居

白鬚神社(しらひげじんじゃ)は、滋賀県高島市鵜川にある神社国史見在社で、旧社格県社。別称は「白鬚大明神」「比良明神」。神紋は「左三ツ巴」[1]

全国にある白鬚神社の総本社とされる[2]沖島を背景として琵琶湖畔に鳥居を浮かべることから、「近江の厳島」とも称される。

2015年(平成27年)4月24日、「琵琶湖とその水辺景観- 祈りと暮らしの水遺産 」の構成文化財として日本遺産に認定される[3]

祭神[編集]

祭神は次の1柱[1]

  • 猿田彦命 (さるたひこのみこと、猿田彦大神)

国史に「比良神」と見える神名が当社を指すとされており、元々の祭神は比良山の神であるともいわれる[4]

『国史大辞典』によれば、「現在、祭神は猿田彦命(さるたひこのみこと)であり、『神社啓蒙』『和漢 三才図会』でも祭神を猿田彦とするが、実際は社殿の背後に聳える比良山を神体山とする比良明神である。」とある[5]

人格神が猿田彦命とされた由来は不詳であるが、猿田彦命は水尾神社(高島市拝戸)の縁起『三尾神社本土記』にも見えることから、両社の密接な関係が指摘される[4]

歴史[編集]

創建[編集]

社伝では、垂仁天皇(第11代)25年に倭姫命によって社殿が建てられたのが当社の創建であるとして近江最古の大社としている(一説に再建)[1]。また白鳳2年(674年)には、天武天皇の勅旨により「比良明神」の号を賜ったとも伝える[1]

後述の国史に見える神名「比良神」から、当社の元々の祭祀は比良山に対するものであったとする説がある[4]

白鬚信仰の多く分布する近江国武蔵国北部・筑前国には渡来人が多いことから、それら渡来人が祖神を祀ったことに始まるという説もある[4][6][7][8][9][10]

当社の周囲には、背後の山中に横穴式石室(現・末社岩戸社)が残るほか、山頂には磐座と古墳群が残っている[4]

概史[編集]

国史では貞観7年(865年)に「比良神」が従四位下の神階を賜ったとの記載があり、この「比良神」が当社にあたるとされる[2]。ただし『延喜式神名帳には記載されていないため、当社はいわゆる国史見在社にあたる。

弘安3年(1280年)の比良庄の絵図では「白ヒゲ大明神」と見えるほか(「白鬚」の初出[4])、『太平記』巻18では「白鬚明神」という記載も見える[2]。また、謡曲『白鬚』では当社が舞台とされている[1]

その後、慶長8年(1603年)には豊臣秀頼の命により片桐且元を奉行として本殿(重要文化財)が再建されたほか、慶長年間(1596年 - 1615年)に摂末社の造営などの境内の整備が行われた[11]慶安元年(1648年)には朱印地として100石を受け、のちには189石余となったという[2]

明治に入り、1876年(明治9年)に近代社格制度において郷社に列し、1922年大正11年)に県社に昇格した[12]

神階[編集]

境内[編集]

社殿(本殿は重要文化財)

境内は、慶長年間(1596年 - 1615年)に豊臣秀頼によって整備が行われている。

  • 本殿(重要文化財
    慶長8年(1603年)の造営。棟札等から、豊臣秀頼の命により片桐且元を奉行として播磨国の大工の手で建てられたとされる。間口三間・奥行三間の入母屋造で、向拝一間を付し、屋根は檜皮葺である。向拝の手挟・蟇股等に桃山時代の特徴を示している。明治の拝殿造営・接続に伴い、向拝の軒先は切り縮められて権現造のような複合社殿様式となり、その際に屋根も杮葺から檜皮葺に改められている。この本殿のほか、境内社4殿も同時期の慶長期の造営になる[13][12][11]
  • 拝殿
    1879年明治12年)再建。間口三間三尺・奥行二間の四棟造[11][12]
  • 絵馬殿
    旧拝殿。寛永元年(1624年)の大溝藩主分部光信による造営。現在は絵馬殿として使用されている[11]
  • 社務所(国登録有形文化財
    1932年昭和7年)の造営。書院造で中世を思わせる造りであるとして、国の登録有形文化財に登録されている[14]。社務所前には、与謝野鉄幹与謝野晶子夫妻が当社へ参詣した際に詠んだ歌碑が建てられている。

琵琶湖中の大鳥居[編集]

また大鳥居は琵琶湖中に建てられ、白髭神社のシンボルとなっている。 鳥居について古くは弘安3年(1280年)の絵図では陸上に描かれているが、その後の琵琶湖の水位上昇に伴い水中に立つようになったと伝える[4]。 「江源武鑑」には、永禄5年(1562年)9月に湖中から華表が顕出したという記事がある。 これを傍証する史料はないが、「為広越後下向日記」には「鳥井(鳥居)湖ニツクリカクル」とあり、延徳3年 (1491年)にはすでに鳥居は湖中につくられ隠れているという伝承が存在したことがわかる。 その伝説に基づいて1937年昭和12年)に大阪市東区(現・中央区道修町の薬問屋・小西久兵衛によって鳥居の寄進がなされ、1981年(昭和56年)に現在に見る鳥居が再建された。[1]

摂末社[編集]

若宮神社(高島市指定文化財)

境内社として11社が鎮座する[15]。本殿裏の石段上の10社(若宮神社除く10社)は「上の宮」と総称される[16]

  • 若宮神社(高島市指定有形文化財) - 社殿は慶長期の造営で、豊臣秀頼による再建。一間社流造の杮葺[11]
  • 皇大神宮(高島市指定有形文化財) - 内宮。社殿は慶長期の造営で、豊臣秀頼による再建。
  • 豊受大神宮(高島市指定有形文化財) - 外宮。社殿は慶長期の造営で、豊臣秀頼による再建。
  • 八幡三所社(高島市指定有形文化財) - 三社相殿。社殿は慶長期の造営で、豊臣秀頼による再建。
    • 八幡神社
    • 加茂神社
    • 高良神社
  • 天満神社
  • 浪除稲荷社
  • 寿老神社
  • 鳴子弁財天社
  • 岩戸社 - 古墳の石室前に祠が建てられ、天岩戸として祀られている。

祭事[編集]

例祭は次の年2回[1]

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 本殿 附:棟札2枚、こけら板 5枚(建造物) - 1938年昭和13年)7月4日指定[13]

登録有形文化財(国登録)[編集]

高島市指定文化財[編集]

  • 有形文化財
    • 末社若宮神社本殿(建造物) - 昭和55年12月1日指定[11]
    • 末社八幡・加茂・高良神社本殿(建造物)
    • 末社内宮本殿・外宮本殿(建造物)

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス
備考

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 神社由緒書。
  2. ^ a b c d 白鬚神社(平) & 1991年.
  3. ^ 琵琶湖とその水辺景観-祈りと暮らしの水遺産”. 文化庁. 2020年9月20日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 白鬚神社(神々) & 1986年, p. 348-353.
  5. ^ 『国史大辞典』7巻(吉川弘文館、1986年)の「白鬚神社」の項目
  6. ^ 日本に残る古代朝鮮 近畿編 段煕鱗 創元社.
  7. ^ 『古代氏族の研究① 和珥氏 中国江南から来た海神族の流れ』青垣出版、2012年.
  8. ^ 街道をゆく 湖西のみち 司馬遼太郎 朝日新聞社 2008.
  9. ^ 滋賀のなかの朝鮮 2003/7/3朴 鐘鳴 P181.
  10. ^ 古代近江の朝鮮 1984/11/1石原 進 丸山 竜平 P209.
  11. ^ a b c d e f 境内説明板。
  12. ^ a b c 白鬚神社(滋賀県神社庁)。
  13. ^ a b 白鬚神社本殿 - 国指定文化財等データベース(文化庁)。
  14. ^ a b 白鬚神社社務所 - 国指定文化財等データベース(文化庁)。
  15. ^ 摂末社の記載は神社由緒書による。
  16. ^ 上の宮(公式サイト)。

参考文献[編集]

  • 神社由緒書
  • 境内説明板
  • 明治神社誌料編纂所 編「白鬚神社」 『府県郷社明治神社誌料』明治神社誌料編纂所、1912年。 
  • 橋本鉄男 著「白鬚神社」、谷川健一 編 『日本の神々 -神社と聖地- 5 山城・近江』白水社、1986年。ISBN 4560022151 
  • 「白鬚神社」 『日本歴史地名大系 25 滋賀県の地名』平凡社、1991年。ISBN 4582490255 

外部リンク[編集]