吉野神宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉野神宮
Yoshino-jingū Gehaiden.jpg
外拝殿
所在地 奈良県吉野郡吉野町吉野山3226
位置 北緯34度23分04秒
東経135度50分44秒
座標: 北緯34度23分04秒 東経135度50分44秒
主祭神 後醍醐天皇
社格官幣大社
別表神社
創建 明治25年(1892年
本殿の様式 三間社流造
例祭 9月27日
テンプレートを表示
神門
拝殿

吉野神宮(よしのじんぐう)は、奈良県吉野郡吉野町に鎮座する、後醍醐天皇を祭神とする神社建武中興十五社の一社で、旧社格は官幣大社である。旧社名 吉野宮

歴史[編集]

南朝後村上天皇は、父の後醍醐天皇が延元4年(1339年)に崩御した後、その像を吉水院に安置した。以降、仏教式の供養が行われていたが、明治時代に入って神仏分離により明治6年(1873年)に吉水院を後醍醐天皇社という神社に改めた。2年後に吉水神社と改称して後醍醐天皇を祭神とする神社となった。このとき太政官政府は官費(国費)で別の神社を創建する考えを表明したが、そのまま棚上げになって時が経った[1]

明治22年(1889年)6月22日に、後醍醐天皇を祀る官幣中社吉野宮の創建が、明治天皇の意向で決定した。明治25年(1892年)に社殿が竣工して、吉水神社から後醍醐天皇像を移して遷座祭が斎行された。明治34年(1901年)に官幣大社に昇格し、大正7年(1918年)に吉野神宮に改称した[2]

  • 1889年(明治22年)6月22日 - 明治天皇が官幣中社吉野宮の創立を命じた。
  • 1892年(明治25年)社殿造営完成、鎮座祭。
  • 1901年(明治34年)8月8日 - 官幣大社に昇格。
  • 1918年(大正7年)吉野神宮に改称
  • 1923年(大正12年)境内拡張
  • 1927年(昭和2年)現本殿上棟、祝詞舎完成。
  • 1928年(昭和3年)現拝殿竣工
  • 1929年(昭和4年)神門竣工
  • 1930年(昭和5年)大鳥居竣工
  • 1998年(平成10年)現斎館完成

年中行事[編集]

境内[編集]

本殿・拝殿・神門はかつて後醍醐天皇が京都の御所へ帰還される事を熱望されていた心情を汲んで、京都の方角を向き、北向きに建てられている。総造。近代神社建築の代表とされる。2010年、本殿、祝詞舎及び楽舎、裏門及び透塀、神庫、拝殿、廻廊、内玉垣、神門、神符授与所、宿衛舎、東門、外玉垣、神饌所、表手水舎、裏手水舎、井戸屋形、修祓所、参集殿、制札屋形、大鳥居、表鳥居、裏鳥居の22件が国の登録有形文化財に登録された。

境内は、の名所。金剛山葛城山が遠望できる。

摂社三本殿[編集]

御影・船岡・滝桜の3社が並ぶ。祭神は南朝方で活躍した、日野資朝日野俊基児島範長児島高徳桜山茲俊土居通益得能通綱。これら摂社の本殿・拝殿4棟も2010年に登録有形文化財に登録された。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岡田米夫「神宮・神社創建史」40-42頁。
  2. ^ 岡田米夫「神宮・神社創建史」43頁。

参考文献[編集]

  • 岡田米夫「神宮・神社創建史」、松山能夫・編『明治維新神道百年史』第2巻、神道文化会、1966年。

外部リンク[編集]