福井神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福井神社
福井神社 鳥居と境内
大鳥居と境内
所在地 福井県福井市大手3-16-1
位置 北緯36度3分57.61秒
東経136度13分9.65秒
座標: 北緯36度3分57.61秒 東経136度13分9.65秒
主祭神 松平慶永公
社格 別格官幣社・別表神社
創建 昭和18年(1943年)
本殿の様式 神明造
例祭 5月10日10月10日
テンプレートを表示

福井神社(ふくいじんじゃ)は、福井県福井市にある神社である。旧社格は別格官幣社

由緒[編集]

福井藩16代の藩主で、福井藩の藩政改革を行い、明治維新の際には徳川親藩・譜代大名の尊王派の中心人物となった松平慶永(号 春嶽)を祀る神社として、昭和18年(1943年)に創建された。これが日本最後の別格官幣社の指定となった。

社殿は総檜造りであったが、創建からわずか2年後の昭和20年(1945年)7月19日の第二次世界大戦の戦災で焼失した。昭和32年(1957年福井大学工学部の五十嵐直雄の設計により再建された。総コンクリート造りで、表面はコンクリート打ち放し神明造を大幅に変形した傾斜の無いフラットな屋根という、一般的な神社とは大きく異なる独特のモダニズム様式で全ての建物が統一されている。社殿前の大鳥居(二の鳥居)も、同じく五十嵐直雄の設計によって再建されたもので、がない特殊な形をしている。

境内の摂社・恒道神社には、幕末の福井藩士、中根靱負(号 雪江)・鈴木主税(号 純渕)・橋本左内(号 景岳)が祀られている。

関連図書[編集]

関連項目[編集]