福井空襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福井空襲
戦争第二次世界大戦 日本本土空襲
年月日1945年昭和20年)7月19日
場所福井県福井市
結果:福井市の壊滅
交戦勢力
日本軍 アメリカ軍
戦力
戦闘機-数機
高射機関砲
米軍第20航空軍第58航空団
ボーイングB-29 127機
焼夷弾 10万本以上(865トン、953トンとも)[1]
損害
死者 1,576+108人[1]
罹災人口 85,603人
焼失家屋 2万戸以上[1]
-

福井空襲(ふくいくうしゅう)は、第二次世界大戦中の1945年昭和20年)7月19日午後11時24分から翌日午前0時45分にかけてアメリカ軍により行われた福井県福井市に対する空襲戦略爆撃)である。福井大空襲といわれることも少なくない。

概要[編集]

テニアン島を飛びたったB-29 127機による81分間の集中爆撃を受け、壊滅的な被害となった[1]。米軍の評価によると、福井市街地の損壊率は84.8%で人口103,049のうち罹災者85,603、世帯数25,691のうち罹災世帯は21,992にのぼった。死者は1,576人(女915人、男661人)にのぼり、重軽傷者6,527人で内108人はその後死亡した。

地方都市への爆撃としては富山市沼津市に次いで全国トップクラスであった。

同時間帯には、福井市のほか茨城県日立市千葉県銚子市愛知県岡崎市が空襲を受けた。

日本軍の迎撃体制[編集]

福井市は、北陸地方ではある程度の規模を持つ都市のひとつであったが、一地方都市にしか過ぎなかった敦賀市の防空態勢と比べて極めて貧弱であった。従って福井市の防空体制は、迎え撃つものではなく消火や住民の避難等の消極的な受身の態勢しかとることが出来ず、計画もほぼそれにしたがっていたものであった。

布陣[編集]

福井市には敦賀市と同じく戦力の配備はあったが敦賀市と比べて極僅かであった。高射機関砲福井飛行場等に戦闘機等が配備される等日本軍が布陣していたが、所属部隊が遠い、数が余りにも少ない、B29には届かなかったりして全く役に立たなかったという。なお、敦賀空襲を受けての戦力増強があったかは不明である。以下の兵器が配備されていた。

高射機関砲

市内に立地していたビルの屋上等に設置されていたとされる。市内には高射砲等重兵器等の配備は全く無かった。機関砲の種類および所属部隊の記述は「福井空襲史 」に無く不明。

迎撃機

戦闘機2~3機。しかし、福井飛行場に展開していた航空隊は長野県を管轄する部隊のものであり、当然長野県を中心として迎撃態勢を取っていたという。そのため空襲時には殆ど全く役に立たなかったなどと「福井空襲史 」に記述がある。長野県所属の部隊という以外詳細不明。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

参考文献[編集]