日枝神社 (川越市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日枝神社
Kawagoe Hie Shrine 201711.jpg
拝殿
所在地 埼玉県川越市小仙波町1-4-1
位置 北緯35度55分5.4秒
東経139度29分26.2秒
座標: 北緯35度55分5.4秒 東経139度29分26.2秒
主祭神 大山咋神
社格 県社
創建 貞観2年(860年
本殿の様式 三間社流れ造り
地図
日枝神社の位置(埼玉県内)
日枝神社
日枝神社
テンプレートを表示

日枝神社(ひえじんじゃ)は、埼玉県川越市小仙波町の神社旧社格は県社。もともと喜多院の境内にあったが、県道建設のため大正時代に仙波古墳群という前方後円墳を開削して喜多院門前に移転した。

歴史[編集]

円仁(慈覚大師)が喜多院を創建(天長7年・830年)したおりに、その鎮守として貞観2年(860年)に坂本日吉大社を勧請したものであるといわれている。東京赤坂日枝神社(旧官幣大社)は、文明10年(1478年)、太田道灌江戸城築城の際に、この川越日枝神社から分祀したものである。(赤坂日枝神社もそう記述している)

本殿は朱塗りの三間社流造、銅板葺で国の重要文化財に指定されている。拝殿は老朽化が深刻だったため、近年、新拝殿が再建された。

祭神[編集]

祭神は僧形の大山咋神(おおやまくいのかみ)・大己貴命(おおくにぬし)。

所在地[編集]

  • 埼玉県川越市小仙波町1-4-1

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]