金崎宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金崎宮
Kanegasaki Shrine.jpg
所在地 福井県敦賀市金ヶ崎町1-4
位置 北緯35度39分52.20秒 東経136度4分26.65秒 / 北緯35.6645000度 東経136.0740694度 / 35.6645000; 136.0740694
主祭神 恒良親王
尊良親王
社格官幣中社
別表神社
創建 明治23年(1890年
本殿の様式 神明造
例祭 5月6日
テンプレートを表示

金崎宮(かねがさきぐう)は、福井県敦賀市にある神社である。建武中興十五社の一社で、旧社格官幣中社である。

主祭神の一人である尊良親王とその妻の恋愛伝説や(御匣殿 (西園寺公顕女)を参照)、明治40年代(1900年代 - 1910年代ごろ)に始まった花換祭の風習により、「恋の宮」の別名でも知られている。

概要[編集]

当地にあった金ヶ崎城址の麓にある。恒良親王尊良親王祭神とする。約1000本のソメイヨシノがありの名所として知られている。4月1日~15日には神事・花換まつりが行われる。天筒山の北面にあり、周辺は金ヶ崎緑地として整備されていて、山麓から本神社を通り山頂に到る遊歩道が整備されている[1]

歴史[編集]

恒良親王と尊良親王は、足利尊氏の入京により北陸落ちした新田義貞、および氣比神宮大宮司に奉じられて金ヶ崎城に入ったが、足利勢との戦いにより敗死した。

明治23年(1890年)、尊良親王を祀る官幣中社金崎宮が金ヶ崎城址に創立された。明治25年(1892年)には恒良親王が合祀され、明治26年(1893年)、現在地に社殿が竣工して遷座した。

絹掛神社(摂社)[編集]

明治30年10月19日、社号を金崎宮摂社絹掛神社として御鎮座祭が執り行われた。 藤原行房卿、新田義顕卿、気比氏治命、気比斎晴命、瓜生保命、瓜生義鑑命、里見時成命、里見義氏命 、由良具滋命、長浜顕寛命、武田与一命などの将士が祀られている。

所在地[編集]

福井県敦賀市金ヶ崎町1-1

周辺情報[編集]

関連図書[編集]

  • 安津素彦・梅田義彦編集兼監修者『神道辞典』神社新報社、1968年、21頁
  • 白井永二・土岐昌訓編集『神社辞典』東京堂出版、1979年、100頁
  • 三浦芳聖『徹底的に日本歴史の誤謬を糺す』神風串呂講究所、1970年

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 金ヶ崎公園が「日本の歴史公園100選」に選ばれました”. 敦賀市都市政策課. 2017年2月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]