敦賀赤レンガ倉庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
外観

敦賀赤レンガ倉庫(つるがあかれんがそうこ)は福井県敦賀市敦賀港にある2棟の赤レンガ倉庫である。

概要[編集]

1905年(明治38年)に紐育スタンダード石油会社によって建設された石油貯蔵用の倉庫欧亜国際連絡列車が発着する敦賀港駅からロシアを経てヨーロッパに繋がる国際都市として敦賀が繁栄した時代、明治中期から昭和初期の敦賀港を象徴する施設の一つである。2009年1月、北棟・南棟・煉瓦塀が国の登録有形文化財に登録された。

建築概要[編集]

  • 建築主 - 紐育スタンダード石油会社
  • 所有者 - 敦賀市
  • 竣工 - 1905年
  • 構造 - 木造軸組、煉瓦造、平屋建
  • 所在地 - 〒914-0072 福井県敦賀市金ヶ崎町1-19
  • 備考 - 外国人技師の設計によるため、フィート単位で造られている。ほか、オランダ煉瓦の使用や内部に柱が見えない等の特徴がある。

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度39分42.91秒 東経136度4分28.5秒 / 北緯35.6619194度 東経136.074583度 / 35.6619194; 136.074583