人道の港 敦賀ムゼウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 人道の港 敦賀ムゼウム
Port of Humanity Tsuruga Museum

Kanegasaki ryokuchi07s3200.jpg

施設情報
専門分野 敦賀港の歴史と杉原千畝の功績
事業主体 敦賀市
開館 2008年3月29日[1]
所在地 914-0072
福井県敦賀市金ケ崎町1-44-1
位置
人道の港 敦賀ムゼウムの位置(福井県内)
人道の港 敦賀ムゼウム
人道の港 敦賀ムゼウム (福井県)
北緯35度39分46.0秒 東経136度04分24.4秒 / 北緯35.662778度 東経136.073444度 / 35.662778; 136.073444座標: 北緯35度39分46.0秒 東経136度04分24.4秒 / 北緯35.662778度 東経136.073444度 / 35.662778; 136.073444
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

人道の港 敦賀ムゼウム(じんどうのみなと つるがムゼウム)(Port of Humanity Tsuruga Museum)は、敦賀港の歴史をまとめた資料館。

特に、1920年(大正9)にシベリアにいたポーランド孤児が上陸したことや第2次世界大戦中に杉原千畝の命のビザに救われた多くのユダヤ人難民が敦賀にたどり着いた史実を紹介している。

主な展示[編集]

古の敦賀港は対岸の渤海国や宋国をはじめ、大陸諸国との交流拠点として繁栄した。1912年(明治45)6月には、東京・新橋と敦賀・金ヶ崎駅間に欧亜国際連絡列車が運行され、敦賀・ウラジオストク航路に接続された。その歴史を展示する[2]。・

特に第二次世界大戦ナチスにより迫害されたユダヤ人の命を救うため、リトアニア・カウナス日本領事館の副領事であった杉原千畝外務省の方針に反して発給し続けたビザ「命のビザ」を持ったユダヤ人らが上陸したのも敦賀港であった。

彼らは戦乱のヨーロッパからシベリア鉄道を使いウラジオストクから敦賀港に上陸し、敦賀市民との関りや市民の目撃談などの展示やビデオ、また実際に救われたユダヤ人やその子孫のインタビューなどで振り返る。

ムゼウムはポーランド語で資料館を意味する[2]。杉原によって救われたユダヤ人の大半がポーランドからであり、多くのポーランド孤児を救ったことが命名の理由。

アクセス[編集]

JR北陸本線敦賀駅から徒歩30分ほどである。ぐるっと敦賀周遊バス(敦賀観光バスが運行)で8分、金ヶ崎緑地下車、徒歩4分。

利用情報[編集]

12月29日から1月3日まで休館。午前9時00分から午後5時00分まで(入館受付は午後4時30分まで)[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

周辺情報[編集]

外部リンク[編集]