日本橋駅 (東京都)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本橋駅
B9出入口(2010年4月29日)
B9出入口(2010年4月29日)
にほんばし
Nihombashi
(高島屋前*)
東京都中央区日本橋一丁目3-11(東京メトロ)
北緯35度40分57.1秒東経139度46分25.3秒座標: 北緯35度40分57.1秒 東経139度46分25.3秒
東京都中央区日本橋一丁目13-1(東京都交通局)
北緯35度40分53秒東経139度46分32秒
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
東京都交通局都営地下鉄
電報略号 ニホ(東京メトロ)
江→橋(東京都交通局、駅名略称)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線(銀座線・浅草線)
1面2線(東西線)
乗降人員
-統計年度-
(東京メトロ)189,764人/日
(東京都交通局)96,939人/日
-2017年-
開業年月日 1932年昭和7年)12月24日
乗入路線 3 路線
所属路線 東京メトロ銀座線
駅番号 G 11
キロ程 5.7km(浅草起点)
G 10 京橋 (0.7km)
(0.6km) 三越前 G 12
所属路線 東京メトロ東西線
駅番号 T 10
キロ程 11.5km(中野起点)
T 09 大手町 (0.8km)
(0.5km) 茅場町 T 11
所属路線 都営地下鉄浅草線
駅番号 A 13
キロ程 13.0km(西馬込起点)
A 12 宝町 (0.8km)
(0.8km) 人形町 A 14
備考 駅務管区所在駅(東京メトロ)
* 東京メトロのみ。
テンプレートを表示

日本橋駅(にほんばしえき)は、東京都中央区日本橋一丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局都営地下鉄)のである。

概要[編集]

東京メトロ銀座線東西線、都営地下鉄浅草線の計3路線が乗り入れている。駅番号は、銀座線がG 11、東西線がT 10、浅草線がA 13である。

東京メトロでは「高島屋」という副駅名を持つ。なお、1932年の開業から1955年までは「白木屋・高島屋前」、そして白木屋から東急百貨店日本橋店に名称変更して1999年に閉店するまでの間は「東急百貨店・高島屋前」と案内されていた。

歴史[編集]

  • 1932年昭和7年)12月24日 - 東京地下鉄道(現・東京メトロ銀座線)の駅が開業。高島屋と白木屋が建設費用の一部を負担したため、双方の店舗名がアナウンスに入れられた。
  • 1941年(昭和16年)9月1日 - 東京地下鉄道、路線を帝都高速度交通営団(営団地下鉄)に譲渡。
  • 1945年(昭和20年)1月27日 - 連合国軍機の空襲を受けて水道管が破損し浸水したため日本橋駅-新橋駅間が運休となる。
  • 1963年(昭和38年)2月28日 - 都営地下鉄1号線の江戸橋駅開業、連絡運輸を開始。
  • 1967年(昭和42年)9月14日 - 営団地下鉄東西線開業、営団日本橋駅と都営江戸橋駅が乗換駅となる。
  • 1971年(昭和46年)7月1日 - 営団では初となる駅冷房を開始(銀座駅と同時)[1]
  • 1978年(昭和53年)7月1日 - 都営地下鉄1号線が浅草線に改称。
  • 1983年(昭和58年)4月1日 - 営団の駅構内に案内所を開設(銀座駅と同時)[1]
  • 1984年(昭和59年)4月27日 - 営団地下鉄の駅に渋谷方面ホームを増設、使用開始[2]
  • 1989年平成元年)3月19日 - 都営地下鉄浅草線の江戸橋駅を日本橋駅と改称。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 営団地下鉄民営化に伴い、旧営団の駅は東京地下鉄(東京メトロ)が継承。
  • 2015年(平成27年)5月22日 - 東西線ホームに発車メロディを導入。曲は民謡「お江戸日本橋」[3]
  • 2018年(平成27年)8月30日 - 銀座線ホームに発車メロディを導入。曲は民謡「お江戸日本橋」[4]

江戸橋駅の改称[編集]

都営地下鉄が駅を設置した際は江戸橋駅と称し、銀座線日本橋駅とは別個だった。東西線日本橋駅開業後は地下通路が整備され、営団(当時)日本橋駅との連絡駅となったものの、駅名は変更されなかった。しかし、乗客案内上の問題から、1989年3月19日新宿線篠崎 - 本八幡間が開業した際「日本橋駅」に改称し、営団と駅名の統一が図られている。

都営地下鉄が駅名を変更したのは、1969年に志村駅を高島平駅に変更して以来となった。なお、都営地下鉄での駅名変更の事例はこの2件のみである。

駅構造[編集]

東京メトロ[編集]

銀座線は、中央通り永代通りが交差する「日本橋交差点」(いわゆる旧白木屋前・旧東急百貨店前)の中央通り直下の地下2階に2面2線のホームを有する地下駅。開業当初は1つのホーム(島式1面2線)であったが、乗客の増加に対応して1984年に渋谷方面のホームを増設した。渋谷寄りのコンコース中央には臨時階段があり、臨時階段部を含めて改札内領域とすることが可能なように柵が設置されているが、通常は改札外領域のため、自動改札機は設置されていない。

東西線は、日本橋交差点の永代通り直下の地下3階に島式1面2線のホームを有する地下駅。ホームの茅場町寄りに江戸橋一丁目交差点方面改札口があり、都営浅草線への連絡通路へと通じている。また、ホーム中央、大手町寄りの階段の途中に駅事務室が設置されている。

両路線とも、車内案内放送で『次は日本橋、日本橋、高島屋前です。』とアナウンスされる。

駅務管区所在駅であり、日本橋駅務管区として日本橋地域、三越前地域、住吉地域を管理する[5]

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 G 銀座線 銀座渋谷方面
2 上野浅草方面
3 T 東西線 西船橋津田沼東葉勝田台方面
4 大手町飯田橋中野三鷹方面

発車メロディ[編集]

2015年5月22日より、東西線ホームで発車メロディの使用が開始された[6]。曲は民謡「お江戸日本橋」(向谷実編曲)で、A線(3番線)は歌い終わりの部分、B線(4番線)は歌い出しの部分をアレンジしている。 また、2018年8月30日からは銀座線ホームでも発車メロディの使用を開始した。曲は同じく民謡「お江戸日本橋」である[4]

東京都交通局[編集]

直営駅。浅草線は、昭和通りと永代通りが交差し、横浜銀行東京支店ビルが所在する「江戸橋一丁目交差点」の南側地下2階に、相対式ホーム2面2線を有する地下駅。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 A 都営浅草線 西馬込京急線羽田空港方面
2 押上京成線北総線成田空港方面

利用状況[編集]

年度別1日平均乗降人員[編集]

近年の1日平均乗降人員数は下表の通りである。

各年度の1日平均乗降人員[* 1][* 2]
年度 営団 / 東京メトロ 都営地下鉄
1日平均
乗降人員
増加率 1日平均
乗降人員
増加率
1999年(平成11年) 180,594
2000年(平成12年) 174,703 −3.3%
2001年(平成13年) 167,916 −3.9%
2002年(平成14年) 166,884 −0.6%
2003年(平成15年) 163,200 −2.2% 78,494 −5.2%
2004年(平成16年) 162,645 −0.3% 79,373 1.1%
2005年(平成17年) 164,617 1.2% 80,573 1.5%
2006年(平成18年) 165,440 0.5% 82,538 2.4%
2007年(平成19年) 174,248 5.3% 86,066 4.3%
2008年(平成20年) 178,094 2.2% 87,553 1.7%
2009年(平成21年) 174,693 −2.0% 86,707 −1.0%
2010年(平成22年) 169,946 −2.7% 84,653 −2.4%
2011年(平成23年) 165,816 −2.4% 82,299 −2.8%
2012年(平成24年) 165,337 −0.3% 83,256 1.2%
2013年(平成25年) 165,326 −0.0% 84,833 1.9%
2014年(平成26年) 167,424 1.3% 87,579 3.2%
2015年(平成27年) 174,752 4.4% 91,997 5.0%
2016年(平成28年) 184,397 5.5% 94,923 3.2%
2017年(平成29年) 189,764 2.9% 96,939 2.1%

年度別1日平均乗車人員(1932年 - 1935年)[編集]

各年度の1日平均乗車人員は下表の通りである。

年度別1日平均乗車人員
年度 東京地下鉄道 出典
1932年(昭和07年) [備考 1]
1933年(昭和08年) 4,783 [東京府統計 1]
1934年(昭和09年) 7,036 [東京府統計 2]
1935年(昭和10年) 7,489 [東京府統計 3]

年度別1日平均乗車人員(1956年 - 2000年)[編集]

年度別1日平均乗車人員
年度 営団 都営地下鉄 出典
銀座線 東西線
1956年(昭和31年) 27,656



[東京都統計 1]
1957年(昭和32年) 28,937 [東京都統計 2]
1958年(昭和33年) 29,889 [東京都統計 3]
1959年(昭和34年) 35,472 [東京都統計 4]
1960年(昭和35年) 37,249 [東京都統計 5]
1961年(昭和36年) 47,641 [東京都統計 6]
1962年(昭和37年) 51,123 [備考 2]4,241 [東京都統計 7]
1963年(昭和38年) 56,417 5,688 [東京都統計 8]
1964年(昭和39年) 48,683 7,988 [東京都統計 9]
1965年(昭和40年) 48,182 9,035 [東京都統計 10]
1966年(昭和41年) 45,687 10,287 [東京都統計 11]
1967年(昭和42年) 44,250 [備考 3]22,103 12,611 [東京都統計 12]
1968年(昭和43年) 76,581 54,817 20,354 [東京都統計 13]
1969年(昭和44年) 106,152 96,718 31,122 [東京都統計 14]
1970年(昭和45年) 116,395 117,693 36,771 [東京都統計 15]
1971年(昭和46年) 121,505 124,456 40,063 [東京都統計 16]
1972年(昭和47年) 118,600 125,340 40,523 [東京都統計 17]
1973年(昭和48年) 114,726 116,644 38,778 [東京都統計 18]
1974年(昭和49年) 113,756 38,378 [東京都統計 19]
1975年(昭和50年) 109,738 37,011 [東京都統計 20]
1976年(昭和51年) 48,156 60,893 37,323 [東京都統計 21]
1977年(昭和52年) 47,868 61,600 37,907 [東京都統計 22]
1978年(昭和53年) 46,225 60,321 37,452 [東京都統計 23]
1979年(昭和54年) 46,251 60,642 37,929 [東京都統計 24]
1980年(昭和55年) 46,830 62,367 38,877 [東京都統計 25]
1981年(昭和56年) 47,378 65,233 39,458 [東京都統計 26]
1982年(昭和57年) 47,219 65,493 40,186 [東京都統計 27]
1983年(昭和58年) 46,945 67,710 40,366 [東京都統計 28]
1984年(昭和59年) 48,137 67,748 41,071 [東京都統計 29]
1985年(昭和60年) 47,329 68,236 41,477 [東京都統計 30]
1986年(昭和61年) 48,370 69,896 44,405 [東京都統計 31]
1987年(昭和62年) 48,656 70,904 46,126 [東京都統計 32]
1988年(昭和63年) 48,819 71,647 47,734 [東京都統計 33]
1989年(平成元年) 46,014 68,627 48,666 [東京都統計 34]
1990年(平成02年) 44,729 67,907 47,173 [東京都統計 35]
1991年(平成03年) 43,473 67,235 49,716 [東京都統計 36]
1992年(平成04年) 41,882 67,178 23,671 [東京都統計 37]
1993年(平成05年) 39,132 66,737 49,858 [東京都統計 38]
1994年(平成06年) 38,011 64,625 49,674 [東京都統計 39]
1995年(平成07年) 36,664 62,686 48,167 [東京都統計 40]
1996年(平成08年) 35,660 62,581 47,466 [東京都統計 41]
1997年(平成09年) 34,430 62,537 46,699 [東京都統計 42]
1998年(平成10年) 34,748 62,463 45,395 [東京都統計 43]
1999年(平成11年) 31,473 57,377 43,481 [東京都統計 44]
2000年(平成12年) 30,822 55,397 42,836 [東京都統計 45]

年度別1日平均乗車人員(2001年以降)[編集]

近年の1日平均乗車人員の推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗車人員[* 2][* 3]
年度 営団 / 東京メトロ 都営地下鉄 出典
銀座線 東西線
2001年(平成13年) 30,348 53,463 40,427 [東京都統計 46]
2002年(平成14年) 29,603 53,115 41,014 [東京都統計 47]
2003年(平成15年) 29,232 51,962 38,943 [東京都統計 48]
2004年(平成16年) 31,121 52,512 39,395 [東京都統計 49]
2005年(平成17年) 30,830 52,784 39,893 [東京都統計 50]
2006年(平成18年) 30,800 53,644 40,882 [東京都統計 51]
2007年(平成19年) 32,560 56,038 42,691 [東京都統計 52]
2008年(平成20年) 33,438 57,200 43,610 [東京都統計 53]
2009年(平成21年) 32,521 56,392 43,212 [東京都統計 54]
2010年(平成22年) 31,482 54,940 42,182 [東京都統計 55]
2011年(平成23年) 30,917 53,616 41,172 [東京都統計 56]
2012年(平成24年) 30,707 53,131 41,533 [東京都統計 57]
2013年(平成25年) 30,054 53,939 42,401 [東京都統計 58]
2014年(平成26年) 29,844 55,066 43,694 [東京都統計 59]
2015年(平成27年) 30,751 57,923 45,860 [東京都統計 60]
2016年(平成28年) 32,704 60,762 47,332 [東京都統計 61]
2017年(平成29年) 48,232
備考
  1. ^ 1932年12月24日開業。
  2. ^ 1963年2月28日開業。開業日から同年3月31日までの計32日間を集計したデータ。
  3. ^ 1967年9月14日開業。開業日から翌年3月31日までの計200日間を集計したデータ。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

日本橋(東京駅方面:C4出口付近、南千住・錦糸町方面:B10・C1出口付近)

2000年12月11日までは、茶51系統東京駅丸の内北口 - 駒込駅南口線、橋86系統の日本橋三越 - 目黒駅線も発着していた。また、2012年3月30日までは東20乙東京駅丸の内北口 - IBM箱崎ビル線も発着していた。

地下鉄日本橋駅(B9出口付近)
呉服橋(A1出口付近)
日本橋二丁目 / 日本橋髙島屋 / 東京VIPラウンジ(B1出口付近)

隣の駅[編集]

Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄
G 銀座線
京橋駅 (G 10) - 日本橋駅 (G 11) - 三越前駅 (G 12)
T 東西線(東陽町以西は全列車が各駅に停車)
大手町駅 (T 09) - 日本橋駅 (T 10) - 茅場町駅 (T 11)
PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局
A 都営浅草線
エアポート快特
新橋駅 (A 10) - 日本橋駅 (A 13) - 東日本橋駅 (A 15)
エアポート快特以外の列車種別
宝町駅 (A 12) - 日本橋駅 (A 13) - 人形町駅 (A 14)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 東京メトロハンドブック2008
  2. ^ 石川尹巳「営団銀座線日本橋駅新ホーム完成」、『鉄道ピクトリアル』第435号、1984年8月、 91頁。
  3. ^ 東西線に発車メロディを導入します! (PDF) - 東京地下鉄、2015年3月25日
  4. ^ a b 東京メトロ銀座線発車サイン音を制作”. 株式会社スイッチ (2018年8月27日). 2018年9月1日閲覧。
  5. ^ 鉄道ピクトリアル2016年12月臨時増刊号 【特集】東京地下鉄 p.17
  6. ^ 銀座線の発車メロディを拡大します。 (PDF)

出典[編集]

地下鉄の1日平均利用客数
  1. ^ 各駅の乗降人員ランキング - 東京メトロ
  2. ^ 各駅乗降人員一覧 - 東京都交通局
地下鉄の統計データ
  1. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  2. ^ a b 統計データ Archived 2016年8月19日, at the Wayback Machine. - 中央区
  3. ^ 東京都統計年鑑
東京府統計書
東京都統計年鑑

外部リンク[編集]