東銀座駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東銀座駅
A1出入口(2010年1月)
A1出入口(2010年1月)
ひがしぎんざ - Higashi-ginza
(歌舞伎座前*)
東京都中央区銀座四丁目10-10(東京都交通局)
北緯35度40分12.7秒東経139度46分2.6秒座標: 北緯35度40分12.7秒 東経139度46分2.6秒
東京都中央区銀座四丁目12-15(東京メトロ)
北緯35度40分9.4秒東経139度46分2.6秒
所属事業者 PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局都営地下鉄
Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄(東京メトロ)
電報略号 銀(東京都交通局、駅名略称)
ヒキ(東京メトロ)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線(浅草線)
1面2線(日比谷線)
乗車人員
-統計年度-
(東京都交通局)36,637人/日(降車客含まず)
-2014年-
乗降人員
-統計年度-
(東京都交通局)73,516人/日
(東京メトロ)80,141人/日
-2014年-
開業年月日 1963年昭和38年)2月28日
乗入路線 2 路線
所属路線 A 都営地下鉄浅草線
駅番号 A 11
キロ程 11.4km(西馬込起点)
A 10 新橋 (0.9km)
(0.8km) 宝町 A 12
所属路線 H 東京メトロ日比谷線
駅番号 H 09
キロ程 11.3km(北千住起点)
H 08 銀座 (0.4km)
(0.6km) 築地 H 10
備考 *日比谷線のみ
テンプレートを表示
浅草線1番線ホーム。線路側の壁の向こうに昭和通りの交差点アンダーパスや駐車場があり、そのさらに向こうには2番線ホームがある(2005年4月6日)。

東銀座駅(ひがしぎんざえき)は、東京都中央区銀座四丁目にある、東京都交通局都営地下鉄)・東京地下鉄(東京メトロ)のである。

都営地下鉄の浅草線と、東京メトロの日比谷線が乗り入れる。駅番号は浅草線がA 11、日比谷線がH 09である。日比谷線の駅は「歌舞伎座前」の副名称がある。

歴史[編集]

  • 1963年昭和38年)2月28日 - 都営地下鉄1号線と営団地下鉄日比谷線の東銀座駅が同時に開業。
  • 1978年(昭和53年)7月1日 - 都営1号線を浅草線に改称。
  • 2004年平成16年)4月1日 - 営団地下鉄の民営化に伴い、日比谷線の駅を東京メトロが継承する。

駅構造[編集]

浅草線の駅は昭和通りの直下に位置する地下駅相対式ホーム2面2線の構造を有するが、駅の構造上、線路の間を自動車専用道路(昭和通り三原橋交差点のアンダーパス)や駐車場があるため、ホームから反対側の線路やホームを見ることはできない。連絡通路は改札外部にある。これまで都営地下鉄の駅の中でバリアフリーの対応がなかったが、2010年10月26日に地上とA1・A2出入口改札外コンコースを連絡するエレベーターが設置された[1]

都営浅草線のほとんどの駅の案内サインは、帝都高速度交通営団(営団地下鉄)と同じスタイルのものが使われているが、2000年代後半以降に実施された災害対策を含む改装工事に伴い、都営地下鉄独自の新サインに置き換えられている。

日比谷線の駅は島式ホーム1面2線を有する地下駅。壁面に歌舞伎定式幕をイメージしたカラーパネルが使用されている。晴海通りの直下に位置しており、浅草線の駅の下部にある。また、北千住側に非常用の渡り線がある。2013年3月1日歌舞伎座・歌舞伎座タワーと地下2階で繋がる「木挽町広場」が竣工した(名前は歌舞伎座のある地域が木挽町だったことにちなむ)。

当駅は、都営地下鉄(浅草線)と東京メトロ(日比谷線)のホーム番号を連番で設定している[2]。同一駅でも企業体が異なれば連番とはしないことが多い中では珍しいケースと言える。

当駅・銀座駅日比谷駅の3駅はトンネル上層の地下道によって直結している。さらに、これらの駅から先、有楽町駅二重橋前駅大手町駅東京駅まですべて地下通路により連絡が可能である。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 A 都営浅草線 西馬込京急線TRON 9-9145.gif羽田空港方面
2 押上京成線北総線TRON 9-9145.gif成田空港方面
3 H 日比谷線 銀座六本木中目黒方面
4 上野北千住南栗橋方面

利用状況[編集]

  • 都営地下鉄 - 2014年度の1日平均乗降人員は73,516人である(乗車人員36,637人・降車人員36,879人)[3]
  • 東京メトロ - 2014年度の1日平均乗降人員は80,141人である[4]

各年度の1日平均乗降人員数は下表のとおり。

年度別1日平均乗降人員[5][6]
年度 都営地下鉄 東京メトロ
1日平均
乗降人員
増加率 1日平均
乗降人員
増加率
2003年(平成15年) 69,449 -1.3% 74,773 -0.4%
2004年(平成16年) 69,763 0.5% 74,724 -0.1%
2005年(平成17年) 70,603 1.2% 75,334 0.8%
2006年(平成18年) 71,269 0.9% 76,464 1.5%
2007年(平成19年) 72,432 1.6% 78,261 2.4%
2008年(平成20年) 72,653 0.3% 78,216 -0.1%
2009年(平成21年) 70,773 -2.6% 75,847 -3.0%
2010年(平成22年) 68,745 -2.9% 74,214 -2.2%
2011年(平成23年) 66,494 -3.3% 72,841 -1.9%
2012年(平成24年) 68,715 3.3% 74,648 2.5%
2013年(平成25年) 73,302 6.7% 81,457 9.1%
2014年(平成26年) 73,516 0.3% 80,141 -1.6%

各年度の1日平均乗車人員数は下表のとおり。

年度別1日平均乗車人員[6][7]
年度 都営地下鉄 東京メトロ 出典
1992年(平成04年) 31,926 47,408 [8]
1993年(平成05年) 40,877 46,315 [9]
1994年(平成06年) 41,603 45,838 [10]
1995年(平成07年) 40,126 44,811 [11]
1996年(平成08年) 39,247 43,589 [12]
1997年(平成09年) 38,745 42,608 [13]
1998年(平成10年) 38,888 42,274 [14]
1999年(平成11年) 37,566 40,087 [15]
2000年(平成12年) 36,359 38,685 [16]
2001年(平成13年) 36,359 36,203 [17]
2002年(平成14年) 34,847 35,907 [18]
2003年(平成15年) 34,167 36,593 [19]
2004年(平成16年) 34,115 36,860 [20]
2005年(平成17年) 34,430 37,016 [21]
2006年(平成18年) 34,748 37,460 [22]
2007年(平成19年) 35,585 38,328 [23]
2008年(平成20年) 35,825 38,496 [24]
2009年(平成21年) 35,014 37,249 [25]
2010年(平成22年) 33,980 36,496 [26]
2011年(平成23年) 32,950 36,060 [27]
2012年(平成24年) 34,026 36,710 [28]
2013年(平成25年) 36,497 40,263 [29]
2014年(平成26年) 36,637

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

東銀座駅[編集]

中央区コミュニティバス 江戸バス(南循環)(日立自動車交通が運行)が土休日のみ東銀座駅に停車する。

  • 中央区コミュニティバス 江戸バス(南循環):中央区役所行

※平日は「祝橋」または「築地本願寺」が最寄り停留所となる。

築地・銀座(築地市場・歌舞伎座)[編集]

6番出口付近に日の丸自動車興業の運行する「スカイホップバス」の「築地・銀座(築地市場・歌舞伎座)」バス停がある。

  • スカイホップバス(お台場コース)(日の丸自動車興業)

築地[編集]

都営バスの最寄り停留所は、晴海通り上にある築地となる。以下の路線が乗り入れ、 東京都交通局により運行されている。

隣の駅[編集]

PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局
A 都営浅草線
エアポート快特
通過
エアポート快特以外の列車種別
新橋駅 (A 10) - 東銀座駅 (A 11) - 宝町駅 (A 12)
Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄
H 日比谷線
銀座駅 (H 08) - 東銀座駅 (H 09) - 築地駅 (H 10)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]