要町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
要町駅
1番出入口(2008年5月5日)
1番出入口(2008年5月5日)
かなめちょう
Kanamecho
所在地 東京都豊島区要町一丁目1-10
所属事業者 Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄(東京メトロ)
電報略号 カナ
駅構造 地下駅
ホーム 各1面2線(計2面4線)
乗降人員
-統計年度-
38,475人/日
-2015年-
開業年月日 1983年昭和58年)6月24日
乗入路線 2 路線
所属路線 Y 有楽町線
駅番号 Y 08
キロ程 10.3km(和光市起点)
Y 07 千川 (1.0km)
(1.2km) 池袋 Y 09
所属路線 F 副都心線
駅番号 F 08
キロ程 10.4km(和光市起点)
F 07 千川 (1.0km)
(0.9km) 池袋 F 09
備考 業務委託駅メトロコマース
テンプレートを表示

要町駅
配線図

有楽町線
千川駅

2 1


STRg STRf
STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr
STRg STRf

池袋駅


副都心線
↑千川駅

4 3


STRg STRf
STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr
STRg STRf

↓池袋駅

要町駅(かなめちょうえき)は、東京都豊島区要町一丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)のである。

有楽町線副都心線が乗り入れる。当駅を含む小竹向原駅 - 池袋駅間は、有楽町線が上層を、副都心線が下層を走る形で並走する。このため、当駅においても有楽町線ホームの直下に副都心線のホームがある。駅番号は、有楽町線がY 08、副都心線がF 08である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

上下2層構造で、各層に島式ホーム1面2線を有する地下駅

要町通りの直下にあり、山手通り首都高速中央環状線山手トンネルとも交わる。当駅は「環六ボックス(要町ボックス)」と呼ばれる、道路・地下鉄・ライフラインを一体化した巨大地下構造物の一つである。当駅のホームの方が山手トンネルよりも深い位置にあるが、それは環六ボックスの成立経緯に原因がある(首都高速中央環状線#要町付近の地下化も参照のこと)。なお、副都心線ホームの下には山手トンネルの換気パイプが4本あり、ボックス完成後に新たに敷設されている。

副都心線ホームは有楽町線の建設時に既に構築済みであったが、副都心線開業までは未供用(通過)とされた。このため、有楽町線ホームから副都心線ホームへの階段用スペースは蓋で覆われていた。改札口 - ホーム間のエレベーターも設置当初から副都心線ホームまでの連絡に対応しているが、有楽町線ホーム止まりとされていた。また、副都心線開業および有楽町線和光市駅 - 池袋駅間の準急(2010年3月に設定廃止)運転開始に伴い同線ホームの放送機器が更新され、編成両数を案内するようになった。

副都心線ホームは可動式ホーム柵が開業時より設置され、使用されている。その後有楽町線ホームにも設置され、2011年1月8日から供用を開始した[2]

のりば[編集]

番線 路線 行先 備考
有楽町線ホーム(地下2階)
1 Y 有楽町線 池袋有楽町新木場方面
2 和光市森林公園飯能方面 和光市駅から TJ 東武東上線へ直通(森林公園駅まで直通)、または
小竹向原駅から SI 西武池袋線へ直通(SI 西武有楽町線経由飯能駅まで直通)
副都心線ホーム(地下3階)
3 F 副都心線 池袋・新宿三丁目渋谷横浜元町・中華街方面 渋谷駅から TY 東急東横線、横浜駅から MM みなとみらい線へ直通
4 和光市・森林公園・飯能方面 和光市駅から TJ 東武東上線へ直通(森林公園駅まで直通)、または
小竹向原駅から SI 西武池袋線へ直通(SI 西武有楽町線経由飯能駅まで直通)

(出典:東京メトロ:構内図

発車メロディについて[編集]

この駅の発車メロディはスイッチ製が使用されているが、3番線のみサウンドファクトリー製を使用している

利用状況[編集]

年度別1日平均乗降人員[編集]

各年度の1日平均乗降人員数は下表の通り。

年度別1日平均乗降人員[* 1][* 2]
年度 営団 / 東京メトロ
1日平均
乗降人員
増加率
2003年(平成15年) 29,161
2004年(平成16年) 28,869 -1.0%
2005年(平成17年) 28,977 0.4%
2006年(平成18年) 29,776 2.8%
2007年(平成19年) 30,750 3.3%
2008年(平成20年) 34,915 13.5%
2009年(平成21年) 33,588 -3.8%
2010年(平成22年) 34,082 1.5%
2011年(平成23年) 33,401 -2.0%
2012年(平成24年) 35,332 5.8%
2013年(平成25年) 36,907 4.5%
2014年(平成26年) 36,955 0.1%
2015年(平成27年) 38,475 4,1%

年度別1日平均乗車人員(1983年 - 2000年)[編集]

各年度の1日平均乗車人員数は下表の通り。

年度別1日平均乗車人員
年度 有楽町線 出典
1983年(昭和58年) [備考 1] 10,683 [東京都統計 1]
1984年(昭和59年) 10,005 [東京都統計 2]
1985年(昭和60年) 11,033 [東京都統計 3]
1986年(昭和61年) 11,918 [東京都統計 4]
1987年(昭和62年) 12,762 [東京都統計 5]
1988年(昭和63年) 13,860 [東京都統計 6]
1989年(平成元年) 14,540 [東京都統計 7]
1990年(平成02年) 14,945 [東京都統計 8]
1991年(平成03年) 15,041 [東京都統計 9]
1992年(平成04年) 15,518 [東京都統計 10]
1993年(平成05年) 15,504 [東京都統計 11]
1994年(平成06年) 15,474 [東京都統計 12]
1995年(平成07年) 15,333 [東京都統計 13]
1996年(平成08年) 15,296 [東京都統計 14]
1997年(平成09年) 15,197 [東京都統計 15]
1998年(平成10年) 15,140 [東京都統計 16]
1999年(平成11年) 14,713 [東京都統計 17]
2000年(平成12年) 14,726 [東京都統計 18]

年度別1日平均乗車人員(2001年以降)[編集]

年度別1日平均乗車人員[* 2]
年度 有楽町線 副都心線 出典
2001年(平成13年) 14,751 未開業 [東京都統計 19]
2002年(平成14年) 14,638 [東京都統計 20]
2003年(平成15年) 14,751 [東京都統計 21]
2004年(平成16年) 14,825 [東京都統計 22]
2005年(平成17年) 14,948 [東京都統計 23]
2006年(平成18年) 15,364 [東京都統計 24]
2007年(平成19年) 15,893 [東京都統計 25]
2008年(平成20年) 12,044 [備考 2] 5,962 [東京都統計 26]
2009年(平成21年) 10,507 6,748 [東京都統計 27]
2010年(平成22年) 10,432 6,945 [東京都統計 28]
2011年(平成23年) 10,041 7,032 [東京都統計 29]
2012年(平成24年) 10,352 7,598 [東京都統計 30]
2013年(平成25年) 10,584 8,225 [東京都統計 31]
2014年(平成26年) 10,805 8,159 [東京都統計 32]
備考
  1. ^ 1983年6月24日開業。
  2. ^ 2008年6月14日開業。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

最寄り停留所は、山手通りと要町通りの交差点である要町一丁目交差点付近にある要町駅である。国際興業関東バスにより運行される以下の路線が発着する。

隣の駅[編集]

Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄
Y 有楽町線(各駅停車のみ運転)
千川駅 (Y 07) - 要町駅 (Y 08) - 池袋駅 (Y 09)
F 副都心線
急行・通勤急行
通過
各駅停車
千川駅 (F 07) - 要町駅 (F 08) - 池袋駅 (F 09)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

地下鉄の1日平均利用客数
地下鉄の統計データ
東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]