三陽商会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社三陽商会
SANYO SHOKAI Ltd.
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社
市場情報
東証1部 8011
本社所在地 日本の旗 日本
160-0003
東京都新宿区本塩町14番地
設立 1943年5月11日
業種 繊維製品
代表者 杉浦昌彦代表取締役社長兼社長執行役員
杉浦薫代表取締役兼専務執行役員)
資本金 150億2百万円(2015年12月31日現在)
発行済株式総数 126,229,345株
(2015年12月31日現在)
売上高 連結:974億15百万円
単体:963億71百万円
(2015年12月期)
営業利益 連結:65億77百万円
単体:68億18百万円
(2015年12月期)
経常利益 連結:70億36百万円
単体:72億21百万円
(2015年12月期)
純利益 連結:25億95百万円
単体:26億88百万円
(2015年12月期)
純資産 連結:651億47百万円
単体:628億89百万円
(2015年12月31日現在)
総資産 連結:996億97百万円
単体:980億20百万円
(2015年12月31日現在)
従業員数 連結:1,328名
単体:1,309名
(2015年12月31日現在)
決算期 12月末日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人
主要株主 三菱商事株式会社 3.54%
株式会社三越伊勢丹 3.30%
株式会社三菱東京UFJ銀行 2.86%
三井住友信託銀行株式会社 2.38%
明治安田生命保険相互会社 2.14%
八木通商株式会社 2.02%
三井物産株式会社 1.75%
(2015年12月31日現在)
主要子会社 サンヨーアパレル株式会社
サンヨーショウカイニューヨーク, INC.
上海三陽時装商貿有限公司
外部リンク http://www.sanyo-shokai.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社三陽商会(さんようしょうかい)は、東京都新宿区に本社を置くアパレルメーカーである。販売網は百貨店が主体であり、自社ブランドに加え、海外の様々なブランドともライセンス契約を結び販売している。

概要[編集]

創業者の吉原信之が、戦時下の1943年(昭和18年)に電気関係各種工業用品及び繊維製品の製造販売を目的として、東京都板橋区にて工作機械工具の修理加工、販売をおこなうべく同社を設立する[1]。社名の由来は「三井」「三菱」など有力財閥の「三」と、創業者である吉原の父、「陽」に因んでつけられた。

終戦直後の1945年(昭和20年)8月、板橋にあった本社工場を売却し、銀座に本社を移転。戦時中に使用された暗幕を元にレインコートの製造販売を開始する[2]。その後1949年(昭和24年)に第一通商(現在の三井物産)が企画した「全国エキスポートバザー」向けにレインコートの縫製を大量に受注したことで、レインコート製造販売の大手として、頭角を現す。1951年(昭和26年)には自社のレインコートを「サンヨーレインコート」として、商標登録をおこなう。これと時期を同じくして、全国各百貨店への営業も開始し、1953年(昭和28年)には銀座松屋が企画したコンクールで最優秀製品に選ばれた「ダスターコート」、その後1959年(昭和34年)には、当時映画館で上映されて話題を呼んでいたフランス映画「三月生まれ」で女優・ジャクリーヌ・ササールが着ていたコートを日本人向けにアレンジしたものを「ササールコート」と命名して売り出し、これがヒットしたことで、レインコートの製造販売から総合アパレルメーカーへと成長を遂げることになる。

1965年(昭和40年)からは、英・バーバリー社製のコートの販売をおこなうようになると共に、1969年(昭和44年)以降はバーバリー他海外のコートメーカーとの技術提携により、各メーカーの製品の国内ライセンス生産へと移行する[2]。またこれと共に、各世代をターゲットにしたファッションブランドの開発も積極的におこない、現在も女性向けブランド「EPOCA」や「FRAGILE」に代表される多数のファッションブランドを展開してきた[3][4][5]

しかしバーバリー社とのライセンス契約を2015年(平成27年)6月30日で終了し[6]、これにより日本におけるバーバリーの販売は英国本社が日本法人を通じて直営展開することとなった[7][8]。 以後は「バーバリー・ロンドン」の後継ブランドとして、スコットランド発祥の防水コートの老舗として知られる衣料会社マッキントッシュ(2007年に八木通商が買収)[9]と提携した「マッキントッシュ・ロンドン」を立ち上げ、約350の旧バーバリーの店舗のうち約260店を切り替えるとともに[10]、若者向け婦人服「バーバリー・ブルーレーベル」、紳士服「バーバリー・ブラックレーベル」についても、新デザイナーを起用しそれぞれ後継ブランドとして「ブルーレーベル・クレストブリッジ」「ブラックレーベル・クレストブリッジ」に転換した[11]

沿革[編集]

  • 1943年(昭和18年) - 株式会社三陽商会設立。
  • 1945年(昭和20年) - レインコート販売開始。
  • 1949年(昭和24年) - 百貨店への販売開始。
  • 1969年(昭和44年) - 本社を東京都新宿区へ移転。

         総合アパレルメーカーへ。

  • 1971年(昭和46年) - 東京証券取引所市場第2部上場。
  • 1975年(昭和50年) - 長嶋茂雄をCMに起用。
  • 1977年(昭和52年) - 東京証券取引所市場第1部へ指定替え。
  • 1981年(昭和56年) - ニューヨークに現地法人設立。

        東京都江東区に「潮見商品センター」完成。

  • 1996年(平成8年) - ミラノに現地法人設立。
  • 2000年(平成12年) - 東京都中央区に「バーバリー銀座店」を開店。
  • 2002年(平成14年) - 香港と上海に「駐在員事務所」開設。
  • 2004年(平成16年) - 東京都渋谷区に「バーバリー表参道店」を開店。
  • 2005年(平成17年) - 大阪市住之江区に「西日本商品センター」開設。
  • 2006年(平成18年) - 初の海外直営店を中国・上海に開店。
  • 2008年(平成20年) - 本店オフィスを汐留へ移転。
  • 2012年(平成24年) - 本店を東京都新宿区へ移転。
  • 2014年(平成26年) - マッキントッシュ社とライセンス契約。
  • 2015年(平成27年) - バーバリー社とのライセンス契約終了。マッキントッシュロンドン展開開始。

ブランド[編集]

レディース[編集]

  • MACKINTOSH LONDON
  • BLUE LABEL CRESTBRIDGE
  • EPOCA
  • Paul Stuart
  • TO BE CHIC
  • FRAGILE
  • K OF KRIZIA
  • EVEX by KRIZIA
  • TRANS WORK
  • VINVERT
  • SANYO COAT
  • Carat
  • SOLEIL COAT
  • Premiere
  • AMACA
  • JOHANNA HO
  • COTOO SHUZO
  • SmackyGlam
  • FABULOUS CLOSET

メンズ[編集]

セレクト[編集]

  • LOVELESS
  • GUILD PRIME
  • EPOCA THE SHOP

アクセサリー[編集]

  • un plus un
  • kinoshohampu
  • 三陽山長

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “経済の死角 バーバリーに逃げられた!名門・三陽商会の「苦悩と決断」売り上げの半分を失う……会社は大丈夫なのか”. 週刊現代. 現代ビジネス. (2014年6月16日). http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39553 2014年7月9日閲覧。 
  2. ^ a b “バーバリー、三陽と契約解除の裏”. ビジネスジャーナル. (2014年6月12日). http://biz-journal.jp/2014/06/post_5103.html 2014年7月9日閲覧。 
  3. ^ “三陽商会、バーバリー販売終了へ 15年夏に”. 共同通信. (2014年5月19日). http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014051901002069.html 2014年5月24日閲覧。 
  4. ^ “三陽商会、「バーバリー」販売終了へ 売上高3割相当”. 日本経済新聞. (2014年5月19日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ1907E_Z10C14A5000000/ 2014年5月24日閲覧。 
  5. ^ “三陽商会「バーバリー・ロンドン」の後継に「マッキントッシュ ロンドン」を指名”. WWD.JAPAN.COM. (2014年5月19日). http://www.wwdjapan.com/business/2014/05/19/00011948.html 2014年5月24日閲覧。 
  6. ^ “バーバリー、三陽との契約終了へ 今後は独自販売”. 共同通信. (2015年6月29日). http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015062901002174.html 2015年7月1日閲覧。 
  7. ^ “三陽商会はなぜバーバリーを失ったのか 屋台骨喪失の内幕と、激化する跡地争奪戦”. 東洋経済オンライン. (2014年5月22日). http://toyokeizai.net/articles/-/38333 2014年5月24日閲覧。 
  8. ^ “バーバリー、3年で日本の売上高4倍に 直営を拡大”. 日本経済新聞. (2014年5月21日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ210GN_R20C14A5TI0000/ 2014年7月9日閲覧。 
  9. ^ Return of the Mackintosh: Iconic label makes return with new store openingDaily Mail, 13 January 2011
  10. ^ 「三陽商会、英バーバリーとの契約が30日終了 後継事業育成急ぐ」『日本経済新聞電子版』 2015年6月30日
  11. ^ 「バーバリー契約切れの三陽商会、15億円赤字の見通し」『朝日新聞デジタル』 2016年6月25日

参考サイト[編集]

外部リンク[編集]