葛飾八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
葛飾八幡宮
拝殿
所在地 千葉県市川市八幡四丁目2番1号
位置 北緯35度43分26.79秒
東経139度55分50.87秒
主祭神 誉田別命(応神天皇)・息長帯姫命(神功皇后)・玉依比売命
社格 県社
創建 寛平年間(889年-898年)
例祭 農具市(ボロ市)
テンプレートを表示

葛飾八幡宮(かつしかはちまんぐう)は、千葉県市川市にある神社で、八幡宮の1つ。旧社格は県社。

祭神[編集]

  • 誉田別命(ほむだわけのみこと、応神天皇(おうじんてんのう))
  • 息長帯姫命(おきながたらしひめのみこと、神功皇后(じんぐうこうごう))
  • 玉依比売命(たまよりひめのみこと)

歴史[編集]

寛平年間(889年-898年)に宇多天皇の勅命により石清水八幡宮を勧請して建立されたと伝えられている。下総の国を守護する総鎮守として崇敬されている。武神であることから平将門源頼朝太田道灌徳川家康など関東武士の信仰を集めた。

八幡宮近くにある八幡の藪知らず(八幡不知森=やわたしらずのもり)でも知られる。

永井荷風幸田文幸田露伴伊藤左千夫宗左近大岡信など多くの文化人に拝され、親しまれた神社として知られる。

下総国守護千葉氏上総氏、安房国の大名里見氏など房総の武士団から敬われた。

境内[編集]

境内社[編集]

厳島社(いつくしましゃ)
葛飾天満宮
正一位 尾上稲荷社(おのえいなりしゃ)
八坂社(やさかしゃ)
浅間社富士塚)(せんげんしゃ)

他に道祖神2社、青面金剛庚申塔、詳細不明の石祠がある。2016年(平成28年)の境内整備により配置が変更された。

境外社[編集]

不知森神社(しらずもりじんじゃ)
八幡の藪知らずの入口に鎮座。

その他[編集]

江戸名所図会の葛飾八幡宮

境内の入口付近には、市川市役所の八幡分庁舎と市川市八幡市民会館(愛称:全日警ホール)が隣接している。

文化財[編集]

行事[編集]

祭りが開催される境内

例祭は毎年9月15日に行われる。この日より6日間、農具市(ボロ市)が開催され社頭門前には農具・日曜大工用品をはじめ各種の店が立ち並び、大勢の人出で賑わいを見せる。

また三十三周年式年大祭と呼ばれる、33年毎に行われる大祭があり、前回は2017年平成29年)3月31日から4月3日に行われた。次回は2050年に行われる。

  • 1月
    • 歳旦祭 (1月1日)
    • 年頭祈願祭 (成人の日)
  • 2月
    • 節分祭 (2月3日)
    • 初卯祭 (2月立春後の初卯の日)
    • 紀元節祭 (2月11日)
    • 祈年祭 (2月17日)
  • 4月
    • 昭和祭 (4月29日)
  • 6月
    • 夏越大祓(茅の輪神事、6月30日)
  • 9月
    • 例大祭(9月15日)
  • 11月
    • 新嘗祭 (11月23日)
  • 12月
    • 天長祭 (12月23日)
    • 年越大祓(茅の輪神事、12月31日)

交通[編集]

最寄駅は京成電鉄京成八幡駅または総武本線都営地下鉄新宿線本八幡駅

脚注[編集]

  1. ^ 文化財(国指定)-千本公孫樹”. 市川市. 200-9-04-10閲覧。
  2. ^ 文化財(市指定)随神門(市川市サイト内)2013年6月30日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]