宗左近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宗 左近(そう さこん、1919年5月1日 - 2006年6月20日)は、詩人評論家仏文学者であり翻訳家。本名は古賀 照一(こが てるいち)。法政大学名誉教授。法政大学社会学部と昭和女子大学教授を歴任。

文芸誌『同時代』同人。

人物[編集]

福岡県遠賀郡戸畑町(北九州市戸畑区)に生まれる。天籟寺小学校、戸畑小学校、宮崎第二小学校、宮崎中学(現・宮崎県立宮崎大宮高等学校)、小倉中学(現・福岡県立小倉高等学校)を経て上京。旧制一高を卒業後、1942年東京帝国大学哲学科に入学した。1945年4月、召集により横須賀海兵隊に入隊したが、精神錯乱を装い除隊というエピソードもある。東大卒業後、都立女専に就職し、フランス語を担当した。その後法政大学第一教養部、社会学部教授、昭和女子大学教授などを歴任した。

高校時代からフランス象徴詩に親しみ、詩の創作に親しむ。戦後は『同時代』や草野心平の『歴程』に参加した。作詞家としても非常に有名であり、1977年に静岡市立南部小学校校歌「夢までも」を作詞した際、この歌を作曲した三善晃とはこれを機に親交をもち、その後も作曲家三善晃とのコンビで校歌、自治体関連の歌、合唱曲の作詞を行っている。詩集『あしたもね』(思潮社、1989年)は、それまでに書かれた歌詞のみで構成された本である。ポピュラー音楽の作詞家にはこの種の試みはよく見られるが、現代詩人が行うのはきわめて異例である。

戦争中は、さまざまな「病気になる努力」をして、徴兵検査を逃れる。最後には海軍からの召集令状が来たため、「精神異常者」のふりをして、召集を逃れた[1]。このとき宗の自宅で行われた出征歓送会で戦争を批判する白井健三郎と当時日本浪曼派の影響を受けて戦争を支持していた橋川文三との間でつかみ合いの喧嘩が起こった。

東京大空襲の際、手を離してしまったばかりに母親を眼前で失ったとして罪の意識に駆られた。それからの戦後の時代を必死で生き抜くために、自分自身に叱咤激励して発した「そうさ、こんちくしょう!」という言葉がペンネームの由来。 1967年、母を殺してしまった自分への深い断罪の意識に基づく詩集『炎(も)える母』を発表。母を失ったことに対する苦悩や罪の意識を綴って脚光を浴び、翌1968年に第6回藤村記念歴程賞を受賞した。 その後も、戦地に消えた友人達や人々と縄文の人々への想いを交錯させた縄文シリーズとも呼べる一連の詩集を次々に発表する。

その一方で美術評論家、翻訳家としても活動。ロラン・バルトの『表徴の帝国』の翻訳で知られるが、古賀照一の名でエミール・ゾラの『ナナ』『居酒屋』なども訳すほか、ジョルジュ・シムノンの推理小説なども訳している。

晩年は、短詩表現としての俳句に強く惹かれ、自らが「中句」と名づけた1行詩を書いている。

1994年、詩集『藤の花』で第10回詩歌文学館賞を受賞。2004年、第1回シカダ賞(Cikada Prize、生命の尊厳を表現する東アジアの詩歌人を顕彰する賞。スウェーデンが制定)を受賞した。

千葉県市川市市川南に長く居住し、同市の名誉市民。没後、宗の蔵書は市川市に寄贈された。

2006年春から入院していたが、6月20日午前0時37分に東京都内の病院で死去した。87歳。その死は23日まで伏せられ、葬儀・告別式は近親者のみで行われた。

生前に出版された詩集は46冊にのぼる(詩選集を除く)。1987年から亡くなる2006年までの間は、年に1冊以上のペースで出版していた(1994年は3冊)。処女詩集の『黒眼鏡』が出版されたのが1959年で、この後1985年までに出された詩集が16冊であることから、晩年の創作の旺盛さがうかがえる。

縄文時代を愛し、土器や土偶などの収集にも力を注いだ。宗左近は縄文土器を古代の遺物、生活の必需品ではなく、芸術作品(美術品)として見た。『私の縄文美術鑑賞』などその方面の著書も何冊か残している。町歌を作詞したことがきっかけになってつきあいが始まった宮城県加美町(旧中新田町)の縄文芸術館には、自身寄贈した縄文土器が展示されている。

2016年6月5日に終の棲家であった千葉県市川市内の里見公園で、詩碑建立の除幕式が行われる。

著作[編集]

詩集[編集]

  • 『黒眼鏡』(ユリイカ)1959
  • 『河童』(文林書院)1964
  • 『長篇詩 炎える母』(彌生書房、1967 第6回藤村記念歴程賞受賞)
  • 『こころ 詩集』昭森社 1968
  • 『愛 宗左近詩集』(彌生書房)1969
  • 『大河童 宗左近詩集』弥生書房 1969
  • 『幻花 死その透明とその旅とその花と 宗左近詩集』母岩社 1972
  • 『宗左近詩集 虹』弥生書房 1972
  • 『魔法瓶 宗左近詩集』文学書林 天山文庫 1973
  • 『鏡 宗左近詩集』弥生書房 1974
  • 『お化け』(青土社)1975
  • 『宗左近詩集』現代詩文庫思潮社)1977
  • 『縄文』(思潮社)1978 
  • 『続縄文 宗左近詩集』思潮社 1980
  • 『風文 宗左近詩集』思潮社 1983
  • 『断文 宗左近詩集』思潮社 1985
  • 『デッサン帖夢 宗左近詩集』思潮社 1987
  • 『おお季節』思潮社 1988
  • 『あしたもね』(思潮社)1989
  • 『ああ縄文(劇詩)』(思潮社)1990
  • 『夕映え連祷』(思潮社)1991
  • 『縄文連祷』思潮社 1992
  • 『新縄文』思潮社 1993
  • 『そして空の青』(思潮社)1993
  • 『光葬』(思潮社)1994 
  • 『続・宗左近詩集』(思潮社)現代詩文庫、1994 
  • 『藤の花』(思潮社、1994 第10回詩歌文学館賞受賞)
  • 『青氷柱』思潮社 1995
  • 『氷中花』思潮社 1995
  • 『未生未死』思潮社 1996
  • 『夜の谺』思潮社 1997
  • 『螺旋上昇』思潮社 1997
  • 『梟の駅長さん 童謡集』思潮社 1998
  • 『螢の歌』思潮社 1998
  • 『月の海』ふらんす堂文庫 1999
  • 『響灘』思潮社 1999
  • 『透明の芯の芯』(思潮社)2000
  • 『遠江』思潮社 2000
  • 『宙宇』思潮社 2001
  • 『宗左近詩集』笠井嗣夫編 芸林書房 芸林21世紀文庫 2002    
  • 『透明光体』(思潮社)2002
  • 『夜の虹 (中句集)』(芸林書房)2002
  • 『いつも未来である始原』(芸林書房)2003
  • 『水平線』芸林書房 2003
  • 『蜃気樓』芸林書房 2004
  • 『不知火』北溟社 (発売) 2005
  • 『宗左近詩集成』北溟社 (発売) 2005

小説[編集]

  • 『月をまわって地球へ』文芸春秋 1972
  • 『炎の花』ニトリア書房 1972
  • 『高尾懺悔』深夜叢書社 2010

演劇[編集]

  • 『翡翠 縄文能狂言』思潮社 1994

評論集・エッセイ[編集]

  • 『芸術の条件』(昭森社)1959
  • 『反時代的芸術論 日本人美意識構造試論』七曜社 1963
  • 『美術の現代的状況 芸術の中の日本』芳賀書店 今日の状況叢書 1965
  • 『人相の美学 顔の読みかた読まれかた』文化出版局 レモン新書 1971
  • 『恍惚の王国 宗左近芸術論集』朝日出版社 1973
  • 『わが内なる幻妖 序章・日本美の発見』文化出版局 1974
  • 『芸術家まんだら 世阿弥から野坂昭如まで』読売新聞社 読売選書 1975
  • 『美のイメエジ』PHP研究所 1975
  • 『錨と表徴 フランス文学管見』審美社 1976
  • 『舞いあがる星を求めて』丸岡孝写真 ぎょうせい 日本の自然と美 1977
  • 『私説戦後美術史』美術公論社 芸術叢書 1978
  • 『私の西欧美術ガイド』(新潮選書)1981
  • 『縄文まで』新潮社、1982 自伝
  • 『私の縄文美術観賞』(新潮選書)1983 
  • 『ドキュメント・わが母 絆』(旺文社)1986  
  • 『私の韓国陶磁遍歴』新潮選書 1986
  • 『さあ現代俳句へ』東京四季出版 1990
  • 『古美術幻妖』名鏡勝朗写真 平凡社 1991
  • 『日本美縄文の系譜』新潮選書 1991
  • 『人間は偉い?』花神社 1992
  • 『美のなかの美』スカイドア 1992
  • 『悲しみさえも星となる』東京四季出版 1994
  • 『伏流水日本美』スカイドア 1994
  • 宮沢賢治の謎』(新潮選書)1995
  • 『21世紀の俳句』(東京四季出版)1996
  • 『縄文物語』新潮社、1997
  • 『たったひとりの祈り』雁塔舎 1997
  • 芭蕉のこころ』ほるぷ出版 1998
  • 『鑑賞百人一首深夜叢書社、2000
  • 小林一茶集英社新書 2000
  • 『私の死生観』(新潮選書)2001 
  • 『詩のささげもの』新潮社、2002
  • 『日本の美その夢と祈り』日本経済新聞社 2004

共著編[編集]

  • 『詩の歳時記』編著 みずうみ書房 1976
  • 『祈りの画集 戦没画学生の記録』野見山暁治,安田武共著 小野成視撮影 日本放送出版協会 1977
  • ピカソ ピカソ講義』岡本太郎共著 朝日出版社 Lecture books 1980
  • 『縄文発信日本発見 市川を舞台として』編 エピック 1995
  • 『あなたにあいたくて生まれてきた詩』(編)新潮社)2000 のち文庫 

翻訳[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

いずれの学校も宗が校歌を作詞した。

脚注[編集]

  1. ^ 宗左近「わだつみの一滴」『展望』1971年4月号。左記は高田里惠子『男の子のための軍隊学習のススメ』(筑摩書房)に内容紹介あり。

外部リンク[編集]