西葛飾郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Katsushika-Katsu.pngと異なる可能性があります。
茨城県西葛飾郡の範囲

西葛飾郡(にしかつしかぐん)は、茨城県にあった

郡域[編集]

  • 茨城県古河市(葛生(かづろう)、柳橋、稲宮、上大野以西)
  • 茨城県猿島郡五霞町(山王、江川の各一部を除く) - 千葉県東葛飾郡関宿向河岸、関宿向下河岸および関宿江戸町、関宿内町の一部だが、五霞町の大字名としては現存しない。
  • 埼玉県加須市(伊賀袋) - 旧立崎村の一部も編入されているが、加須市の大字名としては現存しない。

歴史[編集]

郡発足までの沿革[編集]

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での、葛飾郡のうち後の当郡域の支配は以下の通り。●は村内に寺社領が、○は寺社除地(領主から年貢免除の特権を与えられた土地)が存在。下記の他、鳥喰村、坂間村、○中田町、江川村が記載されているが、支配者不明となっている。(2町48村)
知行 村数 村名
幕府領 幕府領 6村 ●磯部村、釈迦村、●前林村、上砂井村、砂井新田、大山村
旗本領 1村 葛生村
藩領 下総古河藩 2町22村 ●○古河町、原町、悪戸新田、西牛谷村、東牛谷村、小堤村、上大野村、稲宮村、関戸村、●下大野村、女沼村、上辺見村、大堤村、長谷村、立崎村、伊賀袋村、新久田村、牧野地村、鴻巣村、駒ヶ崎村、中田新田、茶屋新田、○下辺見村、駒羽根村
下総関宿藩 13村 ●水海村、久能村、高野村、川妻村、●小手指村、●大福田村、小福田村、●冬木村、新幸谷村、主税新田、●元栗橋村、●山王村、幸館新田
幕府領・藩領 幕府領・旗本領・関宿藩・下野壬生藩 1村 ●柳橋村
その他 寺社領 2村 幸館村、山王山村(山王村と誤記)
1.古河町 2.新郷村 3.勝鹿村 4.岡郷村 5.桜井村 6.香取村 7.五霞村(紫:古河市 青:五霞町 11 - 28は猿島郡)

郡発足後の沿革[編集]

  • 1878年(明治11年)12月2日 - 郡区町村編制法の茨城県での施行により、茨城県管下の下総国葛飾郡の区域に行政区画としての西葛飾郡が発足。猿島郡境町に設置された「猿島西葛飾郡役所」が管轄。
  • 1881年(明治14年) - 幸館新田・主税新田が合併して幸主村となる。(2町47村)
  • 1889年(明治22年)
    • 3月31日 - 下記の町村の統合が行われる。(1町6村)
      • 古河町 ← 古河町、原町、悪土新田(現古河市)
      • 新郷村 ← 中田町、中田新田、大山村、茶屋新田、坂間村、鳥喰村、新久田村、駒ヶ崎村、鴻巣村、牧野地村、長谷村(現古河市)、立崎村(現古河市・加須市)、伊賀袋村(現加須市)
      • 勝鹿村 ← 上辺見村、下辺見村、大堤村、女沼村、西牛谷村、東牛谷村(現古河市)
      • 岡郷村 ← 小堤村、上大野村、関戸村、稲宮村(現古河市)
      • 桜井村 ← 下大野村、柳橋村、久能村、葛生村、高野村(現古河市)
      • 香取村 ← 釈迦村、駒羽根村、磯部村、上砂井村、砂井新田、前林村、水海村(現古河市)
      • 五霞村 ← 元栗橋村、幸主村、山王山村、山王村、江川村、冬木村、新幸谷村、川妻村、小手指村、大福田村、小福田村(現猿島郡五霞町)
    • 4月1日 - 上記1町6村が町村制を施行。
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 猿島郡・西葛飾郡の区域をもって、改めて猿島郡が発足。同日西葛飾郡廃止。

変遷表[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
葛飾郡
行政区の変遷
1878年 - 1896年
次代:
猿島郡