大津川 (千葉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大津川
水系 一級水系 利根川
種別 一級河川
延長 7.9 km
水源の標高 -- m
平均流量 -- /s
流域面積 -- km²
水源 千葉県鎌ケ谷市
河口・合流先 手賀沼
流域 日本の旗 日本 千葉県鎌ケ谷市、松戸市柏市
テンプレートを表示

大津川(おおつがわ)は、千葉県北西部を流れる利根川水系の支流である。別名を佐津間落(さつまおとし)。

地理[編集]

千葉県鎌ケ谷市佐津間の白幡橋が源で、南初富三丁目や串崎新田初富などから集まった水が鎌ケ谷市粟野北部小学校付近で集まり、北に流れる。途中、多くの支流から流れてきた水などを合わせながら手賀沼に注ぐ。水源付近には初富駅新鎌ヶ谷駅があり、そこから東武野田線とほぼ平行に流れている。柏市藤心付近で松戸市高柳新田の方から流れてきた支流と合流し、その後塚崎や増尾付近で太くなる。そして、さらに増尾城址公園方面から流れてきた水も合わせ、さらに大きくなり、手賀沼へ注ぐ。2005年3月28日に旧沼南町が柏市へ編入される前は、柏市と沼南町の市町境となっていた。

支流[編集]

水質[編集]

大津川の水質
上沼橋 BOD(mg/l)
平成6年 14
平成7年 13
平成8年 10
平成9年 8.3
平成10年 9.0
平成11年 9.0
平成12年 9.1
平成13年 12
平成14年 13
平成15年 6.9

橋梁[編集]

上流から

関連項目[編集]