久良岐公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久良岐公園
Kuraki Park1.JPG
久良岐公園
久良岐公園の位置(横浜市内)
久良岐公園
久良岐公園の位置(神奈川県内)
久良岐公園
久良岐公園の位置(日本内)
久良岐公園
分類 都市公園(総合公園)
所在地
座標 北緯35度24分19.4秒 東経139度36分26.6秒 / 北緯35.405389度 東経139.607389度 / 35.405389; 139.607389座標: 北緯35度24分19.4秒 東経139度36分26.6秒 / 北緯35.405389度 東経139.607389度 / 35.405389; 139.607389
面積 230,762m2
開園 1973年昭和48年)3月24日
運営者 横浜市
駐車場 90台(有料)
アクセス 京浜急行屏風浦駅JR根岸線磯子駅より横浜市営バス、または横浜市営地下鉄ブルーライン・京浜急行上大岡駅から京浜急行バス「久良岐公園前」下車
京浜急行屏風浦駅から徒歩20分
告示 1960年昭和35年)8月29日
公式サイト 横浜市環境創造局南部公園緑地事務所

久良岐公園(くらきこうえん)は、横浜市港南区磯子区にまたがる、横浜市立の都市公園(総合公園)。

概要[編集]

面積は、約23万m2汐見台団地の造成にあわせて整備され、1973年昭和48年)に開園した。名称はこの一帯の古い地名である久良岐郡から採られ、公募により決定した。中央付近に池があり、北側は散策路のある雑木林の先に久良岐能舞台がある。南側は運動広場や芝生広場、の林、横浜市電の保存車両などがあり、春には花見客でにぎわう[1]

久良岐能舞台[編集]

園内の北側にある能舞台1917年大正6年)に東京日比谷帝国ホテル裏に建てられ、1931年(昭和6年)に東京芸術大学の前身である東京音楽学校邦楽科に寄贈された。同大学には1964年(昭和39年)に能舞台が新設されたため解体保存されていたが、宮越賢治が譲り受け、当地に移築した。1984年(昭和59年)に横浜市に寄贈され、市民の能楽・茶道・日本舞踊などの活動に使われている。鏡板には、日本画の大家平福百穂による老松が描かれている[2]

横浜市電1156号[3][編集]

1972年に廃止された横浜市電の車両。園内の休憩所の近くに保存されている。1952年に製造された1150型のうち、2012年現在現存している唯一の車両である。長年老朽化や盗難被害などにより荒廃していたが、2012年に神奈川新聞の呼びかけによるボランティアの手により修復された。現在は定期的に車内公開などが行われている。

交通[編集]

園内の大池
久良岐能舞台
横浜市電1156号

脚注[編集]

  1. ^ 久良岐公園(横浜市環境創造局南部公園緑地事務所)
  2. ^ 久良岐能舞台
  3. ^ 久良岐公園の横浜市電 4月19日に公開 - カナロコ 神奈川新聞、2015年3月23日