新町 (西東京市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 西東京市 > 新町 (西東京市)
新町
新町の位置(多摩地域内)
新町
新町
新町の位置
新町の位置(東京都区部および多摩地域内)
新町
新町
新町の位置
新町の位置(日本内)
新町
新町
新町の位置
北緯35度42分45.6秒 東経139度32分12.08秒 / 北緯35.712667度 東経139.5366889度 / 35.712667; 139.5366889
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
市町村 Flag of Nishitokyo, Tokyo.svg 西東京市
地域 Flag of Hoya Tokyo.svg 保谷地域
設置年月日 2001年1月21日
住居表示実施年月日 1967年1月1日
面積
 • 合計 0.83km2
人口
2018年(平成30年)1月1日現在)[2]
 • 合計 8,888人
 • 密度 11,000/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
202-0023[3]
市外局番 0422[4]
ナンバープレート 多摩

新町(しんまち)は、東京都西東京市。現行行政地名は新町一丁目から新町六丁目。住居表示実施済み地区。郵便番号は202-0023[3]

地理[編集]

西東京市の南端に位置し、町域は東西に細長い。西東京市発足前の旧保谷市時代には、武蔵野市と旧田無市の隙間に入り込んだような区画になっていた。東から一丁目、東京都道12号調布田無線(境新道、武蔵境通り)を挟んで二丁目、市道を挟んで三丁目、東京都道253号保谷狭山自然公園自転車道線(多摩湖自転車道)を挟んで四丁目、市道を挟んで五丁目、市道を挟んで六丁目と並んでいる。一丁目に武蔵野大学武蔵野女子学院中学校・高等学校があり、東京都道7号杉並あきる野線五日市街道)沿いには商業施設が多く、残りは僅かに農地が残る他は住宅地となっている。

東は深大寺街道を挟んで柳沢、南は五日市街道を挟んで武蔵野市関前桜堤、西も武蔵野市桜堤、北は鈴木街道・旧鈴木街道を挟んで向台町に隣接する。

河川[編集]

面積と人口[編集]

丁目毎の面積 [1]、人口と世帯数[2]、および人口密度は以下の通りである。(2018年(平成30年)1月1日現在)

丁目 面積 人口 世帯数 人口密度 備考
新町一丁目 0.18km2 1,077 人 1,205 人 2,282 人 1,211 世帯 12,677.8 人/km2
新町二丁目 0.09km2 316 人 358 人 674 人 322 世帯 7,488.9 人/km2
新町三丁目 0.11km2 490 人 484 人 974 人 415 世帯 8,854.5 人/km2
新町四丁目 0.11km2 589 人 603 人 1,192 人 542 世帯 10,836.4 人/km2
新町五丁目 0.20km2 1,187 人 1,323 人 2,510 人 1,196 世帯 12,550.0 人/km2
新町六丁目 0.14km2 626 人 630 人 1,256 人 521 世帯 8,971.4 人/km2
0.83km2 4,285 人 4,603 人 8,888 人 4,207 世帯 10,708.4 人/km2

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 街区 小学校 中学校
新町一丁目 全域 西東京市立保谷第二小学校 西東京市立柳沢中学校
新町二丁目 全域
新町三丁目 全域 西東京市立向台小学校[6] 西東京市立田無第四中学校[7]
新町四丁目 全域
新町五丁目 全域 西東京市立上向台小学校[6] 西東京市立田無第一中学校[7]
新町六丁目 全域

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、新町6-2-22の地点で27万3000円/m2となっている[8]

歴史[編集]

享保7年(1722年)に江戸幕府が武蔵野新田82ヵ村の開発を命じ[9]、上保谷村の岩城平井伊左衛門によって開発された持添新田が当地の起源である[10][11]元文元年(1736年)12月に検地が行われて成立した[11]天保6年(1835年)に上保谷村から分村され上保谷新田村となり、新座郡野方領に属した[10]

以下の沿革では、当町の設置以前は上保谷新田について述べる。

交通[編集]

鉄道[編集]

町内に駅・鉄道路線は無い。最寄り駅は田無町四丁目の西武新宿線田無駅または柳沢六丁目の西武柳沢駅、若しくは武蔵野市一丁目・境南町二丁目のJR中央本線西武多摩川線武蔵境駅

バス[編集]

五日市街道は吉祥寺駅三鷹駅・武蔵境駅と武蔵野市内・西東京市内あるいは武蔵小金井駅花小金井駅を結ぶバスの経路となっており、また武蔵境通りは武蔵境駅方面から田無駅・ひばりヶ丘駅方面を結ぶバスの経路となっており、関東バス西武バスの多数の便が行き交う。加えて、西東京市コミュニティバス「はなバス」の第3ルートが、五日市街道を経由して田無駅と東伏見駅を結んでいる。はなバスの前身である「保谷市キャンバス」は、この新町地区が保谷市役所などから遠いことを理由として不便解消のために、小金井公園東と保谷市役所間で運行していた。

道路[編集]

施設[編集]

一丁目[編集]

二丁目[編集]

三丁目[編集]

  • おおぞら公園

四丁目[編集]

五丁目[編集]

  • 新町福祉会館 - 西東京市図書館の図書サービス(貸出・予約窓口)を併設(旧・新町分室)
  • ドイトプロ小金井公園店(旧・ドン.キホーテ小金井公園店)

六丁目[編集]

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典 13 東京都」角川書店、1978年

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成22年 東京都区市町村町丁別報告”. 東京都 (2014年12月25日). 2018年1月22日閲覧。
  2. ^ a b 人口・世帯数”. 西東京市 (2018年1月10日). 2018年1月15日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月15日閲覧。
  5. ^ 学区域”. 調布市 (2016年3月8日). 2018年1月15日閲覧。
  6. ^ a b 合併前は保谷第二小学校でバス通学が認められていた。
  7. ^ a b 合併前は柳沢中学校でバス通学が認められていた。
  8. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  9. ^ 西東京市Web 年表(保谷版)
  10. ^ a b 「角川日本地名大辞典 13 東京都」221頁。
  11. ^ a b 「角川日本地名大辞典 13 東京都」1131頁。
  12. ^ a b 「角川日本地名大辞典 13 東京都」1133頁。
  13. ^ 「角川日本地名大辞典 13 東京都」1134頁。

外部リンク[編集]