長瀞陣屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長瀞陣屋ながとろじんや)は出羽国村山郡(現在の山形県東根市)に置かれた長瀞藩陣屋

概要[編集]

長瀞陣屋とは中世の長瀞城を利用し、三重の堀を廻らした「二の堀」の内側を陣屋に使用した。出羽を治めた最上氏改易後は代官陣屋が置かれ、寛政10年(1798年米津通政武蔵国久喜藩から移封された。

陣屋は114m四方の正方形をしている。戦国時代長瀞氏の居城であったが、後に最上氏に属すことになる。天領を経て、幕府陣屋跡に陣屋を築いた。(なお、米津氏は定府大名)

戊辰戦争では奥羽越列藩同盟に属したため、新政府軍の攻撃を受け、陣屋の建物を焼失、明治2年(1869年上総国大網に移り、のち常陸国龍ヶ崎に移った。

陣屋跡は住宅地となっているが、周囲の堀と土塁が一部残っている。明治以降は土塁が崩され、宅地化が進んでいった。       

  • 二つの伝承のある大手門

大手門が禅会寺山門として移築されている。また、長源寺山門も大手門の移築と言われていて、どちらが江戸初期の城館のものか、陣屋の門ものかこれからの調査が待たれる。