木下俊方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
木下俊方
時代 江戸時代後期
生誕 文政13年10月2日1830年11月16日
死没 嘉永7年7月2日1854年7月26日
改名 豊丸、大作、俊方
戒名 賢良院
墓所 東京都港区高輪泉岳寺
官位 従五位下主計頭
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定
豊後日出藩
氏族 木下氏
父母 木下俊敦、美佐
兄弟 俊方毛利元純俊程俊愿
柳生俊順正室、峯子、伊東祐帰正室ら
稲垣長剛
俊程
テンプレートを表示

木下 俊方(きのした としかた)は、豊後国日出藩14代藩主。官位は従五位下、主計頭。幼名は豊丸、大作。正室は稲垣長剛娘。

経歴[編集]

弘化3年(1846年)、将軍徳川家慶に拝謁する。弘化4年(1847年)8月16日、父の隠居により家督を継ぐ。しかし、生来から病弱だったため、藩政は隠居した父と家老たちによってなされた。同年12月、従五位下・主計頭に叙任する。嘉永7年(1854年)7月2日、江戸で死去し、跡を弟の俊程が継いだ。法号は賢良院。墓所は東京都港区高輪泉岳寺