池田長興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田長興
時代 江戸時代中期
生誕 正徳2年(1712年
死没 宝暦13年6月16日1763年7月26日
改名 辰三郎、長興
別名 帯刀(通称)
官位 従五位下備中守
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川吉宗家重家治
氏族 雨宮氏池田氏(長賢流)
父母 雨宮正景雨宮正峯
池田長令
伊東長救、河村氏
藤太郎、治郎吉、長旧清弥戸田光為室ら
テンプレートを表示

池田 長興(いけだ ながおき)は、江戸時代中期の旗本通称は帯刀。官位従五位下備中守

略歴[編集]

正徳2年(1712年)、雨宮正景の次男として誕生。母は雨宮正峯の娘。幼名は辰三郎。

父正景は池田友政の四男で長令の父長清の元養子であった関係から、後に池田長令の末期養子となり、享保7年(1722年6月29日、遺領を継ぐ。享保21年/元文元年(1736年3月1日、火事場見廻役となり、翌元文2年(1737年11月12日、中奥の小姓となった。元文5年(1740年12月21日、従五位下備中守に叙任した。

宝暦13年(1763年)6月16日、死去。52歳。跡を子・長旧が継いだ。

系譜[編集]

先代:
池田長令
池田家(長賢流)
5代
次代:
池田長旧