池田長清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田長清
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永21年/正保元年(1645年
死没 宝永7年8月10日1710年10月2日
改名 五郎助/三五郎、長政、長清
別名 帯刀(通称)
官位 従五位下備中守
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川家綱綱吉家宣
氏族 池田氏(長賢流)
父母 池田長賢内藤忠重
兄弟 長清水野勝忠室、竹中重高
内藤忠吉娘、野村氏
長元長令坪内定堅
テンプレートを表示

池田 長清(いけだ ながきよ)は、江戸時代前期から中期にかけての旗本通称は帯刀。官位従五位下備中守

略歴[編集]

寛永21年/正保元年(1645年)、池田長賢の子として誕生。母は内藤忠重の娘。幼名を五郎助、三五郎。初名は長政。

万治元年(1658年12月27日、従五位下備中守に叙任し、寛文4年(1664年4月29日、遺領を継ぐ。寛文8年(1668年12月9日定火消となる。延宝5年(1677年6月4日小姓組番頭となり、延宝7年(1679年8月12日書院番の番頭となった。天和2年(1682年10月21日上野国山田郡勢多郡のうちにおいて1000石を加増され、合わせて7000石を知行する。元禄6年(1693年9月15日大番頭となる。

宝永7年(1710年)閏8月10日、死去。66歳。跡を子・長元が継いだ。

系譜[編集]

先代:
池田長賢
池田家(長賢流)
2代
次代:
池田長元