松平頼誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼誠(まつだいら よりのぶ、享和3年1月24日1803年2月15日) - 文久2年8月13日1862年9月6日))は、陸奥守山藩の第5代藩主。水戸支流頼元系松平家6代。守山藩4代藩主・松平頼慎の長男。母は徳川治保の娘。

正室は松平頼説常陸府中藩主)の娘、継室は徳川治紀(母方の伯父にあたる)の娘。子は松平頼茂(長男)、松平頼音(次男)、松平頼升(三男)、松平頼彬(四男)、松平頼邑(五男)。官位は従四位下、大学頭。

天保元年(1830年)、父の死により家督を相続した。藩財政の悪化により、豪農・豪商から4500両の借入を行った結果、更に財政が逼迫し、農民からの収奪が強まった。それに対する減免要求や、助郷反対、不正をした村役人の解任要求など、頼誠の在任中は領民による騒動が頻発した[1]。文久2年(1862年)死去し、三男・頼升が跡を継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 工藤寛正 編『徳川・松平一族の事典』東京堂出版、2009年