松平頼永 (伊予西条藩嗣子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平頼永
時代 江戸時代後期
生誕 文政10年2月14日1827年3月11日
死没 嘉永元年11月21日1848年12月16日
改名 悌五郎(幼名)→頼永
官位 従四位下侍従
伊予西条藩世嗣
氏族 守山松平家西条松平家
父母 父:松平頼慎、母:林氏
養父:松平頼学
兄弟 高、久米、頼誠頼賢勝姫、英、綿、頼永
養兄弟:中山信情正室久松丸銐丸充千代粒姫悌姫徳之丞頼英
徳川茂承
正室:松平頼学長女・靖姫

松平 頼永(まつだいら よりなが)は、江戸時代後期の伊予国西条藩の世嗣。官位従四位下侍従

生涯[編集]

文政10年(1827年)2月14日、陸奥国守山藩主・松平頼慎の三男として誕生。幼名は悌五郎。天保14年(1843年)12月8日、伊予国西条藩主・松平頼学の長女と婚姻して婿養子となり、弘化元年(1844年)12月16日には従四位下・侍従に叙任された。

嘉永元年(1848年)11月21日、家督相続前に死去した。享年22(満21歳没)。代わって、頼学の実子(五男)頼英が世嗣となった。