松平頼順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼順(まつだいら よりゆき、享保12年7月1日1727年8月17日) - 安永3年7月6日1774年8月12日))は、水戸藩第4代藩主徳川宗堯の庶長子。母は側室の岡島氏。幼名を軽麻呂、主税。はじめ翰鄰(もとちか、「翰」は実弟で水戸藩の藩主(5代目)となった徳川宗翰偏諱と思われる)と称した。官位は従四位下、侍従に任ぜられ、大蔵大輔、のちに上総介、飛騨守となる。娘には松平頼亮室)、元(松平頼図室)がいる。

生涯[編集]

宗堯の長男として生まれるも、庶子のため家督は継がず、藩内で2万石を得て分家した。長男・鐵吉が宝暦13年(1763年)に2歳で死去するなど実子に恵まれず、甥の頼図(よりのり、宗翰の子)を婿養子(娘・元の夫)として迎えた。頼順は安永3年(1774年)7月6日に没し(享年48)、頼図が跡を継ぐこととなるが、頼図も安永5年(1776年)に22歳(満21歳)で早世したため、結局松平頼順家は2代で断絶した。

松下烏石に教えられた書法を、水戸藩の立原翠軒に伝える。

参考文献[編集]