徳川宗堯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
徳川宗堯
時代 江戸時代中期
生誕 宝永2年7月11日1705年8月29日
死没 享保15年4月7日1730年5月23日
改名 松平軽麻呂→徳川鶴千代→宗堯
諡号 成公
戒名 俊徳院殿光蓬社照譽大廣
墓所 瑞龍山
官位 従四位上左衛門督正四位下左近衛権少将従三位左近衛権中将参議
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
常陸水戸藩
氏族 高松松平家水戸徳川家
父母 父:松平頼豊、母:湯浅氏娘・覚了院
養父:徳川綱條
兄弟 宗堯松平頼治、春姫、娘、登茂、
榊原政祐婚約者、八十、
阿部正右婚約者、近衛内前婚約者、金姫
養兄弟:頼桓中川久忠
正室:美代姫
側室:岡島氏
松平頼順宗翰

徳川 宗堯(とくがわ むねたか)は、江戸時代中期の大名常陸国水戸藩4代藩主。官位従三位左近衛権中将参議

生涯[編集]

宝永2年(1705年)7月11日、高松藩3代藩主・松平頼豊の長男として誕生。幼名は軽麻呂。高松藩初代藩主・松平頼重の曾孫、水戸藩初代藩主・徳川頼房の玄孫にあたる。正徳元年(1711年)11月、水戸藩3代藩主・徳川綱條(頼豊の伯父にあたる)の養嗣子となり、鶴千代と改める。

享保元年(1716年)、8代将軍徳川吉宗から偏諱を受け宗堯と名乗る。少年時代から英邁で知られており、享保3年(1718年)に綱條が亡くなると家督を継いだ。自ら朝夕の食事を一汁三菜とし、倹約に努めて行き詰まっていた藩政を立て直そうとしたが、享保15年(1730年)4月7日に死去した。享年26(満24歳没)。

綱條の実子吉孚の遺児である美代姫を正室とし、美代姫との間にもうけた次男の宗翰が跡を継いだ。

有能で文化人としても優れていたため、2代藩主・徳川光圀の再来と讃えられた。著書に「成公文集」がある。

逸話[編集]

「水戸紀年」には、宗堯が死去する際、附家老中山信昌が来て、鶴千代(宗翰)を正室・美代姫に抱き取らせ、「自分が再び来るまでは、何も食べさせてはならず、誰の手にも渡してはならない」と話したという逸話が載っている。

風聞によれば、高松藩より養子入りした宗堯は、生母湯浅氏を讃岐国から呼び寄せ、小石川邸内に新御殿を建てて住まわせた。この新御殿に仕える元・高松藩士の娘が宗堯の目に留まり、側室となって長男・軽麻呂(頼順)を産んだ。嫡子かと浮き立っていたところ、翌年に美代姫が男子・鶴千代(宗翰)を産んだので、こちらが嫡子となった。新御殿から鶴千代宛てに饅頭が贈られ、それを美代姫の部屋に来ていた宗堯が口に入れたところ、宗堯は腹痛を訴えて程なく急死したという[1]

官歴[編集]

※日付=旧暦

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「水戸徳川家と幕末の烈公」p162 - 164

演じた俳優[編集]