松平頼治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼治(まつだいら よりはる、正徳元年(1711年) - 享保15年11月20日1730年12月29日))は、讃岐高松藩の世嗣。第3代藩主松平頼豊の三男。官位は従四位下、侍従、修理大夫。

長兄の宗堯が本家の水戸藩嫡子となったため、高松藩嫡子に指名される。享保10年(1725年徳川吉宗御目見し叙任するが、家督を継ぐことなく享保15年(1730年)に20歳で早世した。代わって、高松松平家分家の松平大膳家から頼治の又従弟にあたる頼桓が養子に迎えられ、嫡子となった。