松平頼洽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼洽(まつだいら よりひろ、寛延3年3月27日1750年5月3日) - 明和3年1月17日1766年2月25日))は、常陸宍戸藩の嫡子。第4代藩主・松平頼多の長男。母は亀井茲胤の娘。

寛延3年(1750年)、宍戸藩嫡子として生まれたが、明和3年(1766年)に家督を継ぐことなく早世した。代わって頼救が本家である水戸藩から養子に入り、嫡子となった。