松平頼如

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼如(まつだいら よりゆき、延宝元年10月14日1673年11月22日) - 宝永4年12月7日1707年12月30日))は、常陸府中藩の第2代藩主。初代藩主・松平頼隆の三男。母は高橋氏。正室は熊本藩主・細川綱利の娘とされていたが、婚礼前に頼如が死去した。幼名は七丸。任官叙位前は外記または左兵衛を称する。水戸藩初代藩主・徳川頼房の孫で、徳川光圀の甥にあたる。

兄の頼方頼寧が早世したため、元禄4年(1691年)閏8月に世子として指名された。宝永2年(1705年)9月28日、父の隠居により家督を継ぐ。しかし宝永4年(1707年)12月7日、父の後を追うように35歳で死去した。嗣子がなく、養嗣子の頼明が跡を継いだ。

経歴[編集]

※日付=旧暦