松平頼慶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼慶(まつだいら よりのり、延宝7年7月29日1679年9月4日) - 寛保2年1月6日1742年2月10日))は、常陸宍戸藩の第3代藩主。第2代藩主・松平頼道の長男。母は鈴木重政の娘。正室はなし。側室は浦上正勝の娘。子は頼多(長男)。官位は従五位下、淡路守、大炊頭。幼名は知之助。

享保6年(1721年)、父の死去により跡を継ぐ。寛保2年(1742年)正月6日、64歳で死去し、跡を長男の頼多が継いだ。法号は登竜院殿頚誉松山寿栄大居士。墓所は茨城県常陸太田市瑞龍山

狩野派の画に優れていたと言われる。