徳川斉正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「德川齊正」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

徳川 斉正(とくがわ なりまさ、1958年3月29日 - )は水戸徳川家15代当主。財団法人水府明徳会会長理事→公益財団法人徳川ミュージアム理事長。東京海上日動火災保険株式会社執行役員。

第14代当主徳川圀斉の長男。 弟に徳川斉英がいる。

略歴[編集]

慶應義塾幼稚舎から慶應義塾普通部慶應義塾高等学校を経て、1980年慶應義塾大学商学部を卒業し、当時の東京海上火災保険株式会社に入社。同社に勤務しつつ、徳川ミュージアム理事長のほか、水戸藩開藩400年記念事業推進委員会会長、公益財団法人水戸育英会総裁、公益財団法人三徳庵理事、公益財団法人山階鳥類研究所理事などを務める。

出典・外部リンク[編集]