松平頼前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼前(まつだいら よりさき、寛保3年1月15日1743年2月9日) - 文政7年5月10日1824年6月6日))は、常陸府中藩の第7代藩主。第6代藩主・松平頼済の長男。母は徳川宗直の娘・賢姫。正室は尾張藩主・徳川宗勝の六女・品姫。幼名は勇丸。を頼勇から頼前に改める。

宝暦2年(1752年)11月に世子となる。天明4年(1784年)、父の死去により跡を継いだ。寛政7年(1795年)9月10日、養嗣子の頼説に家督を譲って隠居し、文政7年(1824年)5月10日に82歳で死去した。

教養や蹴鞠に優れていたと言われており、蹴鞠では飛鳥井雅重の門下として紫組の冠懸を許された。

経歴[編集]

※日付=旧暦