松平頼格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼格(まつだいら よりさだ、安永6年6月14日1777年7月18日) - 天保7年7月10日1836年8月21日))は、讃岐高松藩の藩主一門、松平大膳家第5代。通称は志摩。父は5代藩主・松平頼恭の七男の松平頼裕(大久保一学)。子に松平頼覚、水野忠格。

寛政元年(1789年)、伯父頼昌の養子となり家督を相続した。禄高2000石。天保7年(1836年)7月10日没、享年60。家督は嫡男の頼覚が相続した。

参考文献[編集]