松平頼芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼芳(まつだいら よりよし、寛文7年5月18日1667年7月9日) - 宝永3年8月3日1706年9月9日))は、讃岐高松藩の藩主一門。初代藩主・松平頼重の六男。幼名は千松。通称は帯刀。母は三好氏。子に頼煕

延宝4年(1676年)、第2代藩主頼常(従兄にあたる)より3000石を与えられる。宝永3年(1706年)8月3日没。享年40。孫の頼桓は高松藩第4代藩主、蜂須賀宗鎮徳島藩第7代藩主、至央は第8代藩主となった。